翻訳・機械翻訳・ポストエディットなど翻訳に関連する情報を発信するブログ

Original

【医療翻訳に役立つ基礎知識】No.10 | 主な症状の解説③

Ⅲ.発熱(Fever)

外来患者の訴え(Complaint)で、痛み(Pain)と倦怠感(Fatigue)に続いて、発熱(Fever)は3番目に多いとされている。

体温調節中枢は視床下部(Hypothalamus)にあり、発熱は設定温度が上方へリセットされた状態である。

リセットは、感染による白血球からのサイトカイン(生体活性物質)放出(Release)が原因である場合がもっとも多い。

正常体温は年齢と共に低下し、小児は37℃、成人は36.5℃、老人は36℃程度と思ってよい。正常体温は個人差があり、成人で36.8℃は、通常は微熱(Slight Fever)であるが、ひとによっては正常範囲内のこともある。体温は生理的にも変動し、朝は低く、夜は高くなり、女性の場合、妊娠によっても上昇する。

日本では、体温測定部位は腋窩(Axilla)であるが、西欧では成人は口腔(Oral)、幼児は直腸(Rectal)である。腋窩体温は口腔、直腸体温よりも0.2~0.3℃程度低い。発熱時、悪寒(Chill)と震え(Shivering)を伴うことが多いが、震えは皮下筋の収縮により体内発熱量を増やし、体温を上げ、逆に発汗(Perspiration)と紅潮(Cutaneous Vasodilation)は体表からの熱放散を促進し、体温を下げる効果がある。不明熱(Fever of Unknown Origin, FUO)は3週間以上、原因が特定できない37℃以上の発熱が続く状態で、入院精査を必要とする。

今年の夏のように外気温が異常に高いと、体温を下げるために発汗が盛んとなるが、発汗による熱放散や、汗で失われた水と塩分の補給(Replacement)が不十分な場合、脱水(Dehydration)が進行、熱中症(Heat Stroke)となる。体温調節機能は加齢によっても低下するため、熱中症のリスクは高齢者で高い。

1. 原因(Etiology)

市中感染(Community-acquired Infection):通常の感染症(例:感冒)

院内感染(Nosocomial Infection, Hospital-acquired Infection)

例:多剤耐性ブドウ球菌(MRSA)感染症など

その他の感染症:結核など

非感染性疾患(Non-infectious Disease):悪性疾患、膠原病など

2. 鑑別診断(Differential Diagnosis) 

感染症(Infectious Disease)

  • 細菌感染(Bacterial Infections):
  • 尿路感染(Urinary Tract Infections):膀胱炎、腎盂腎炎など
  • 呼吸器感染症(Respiratory Infections):肺炎、気管支炎。結核など
  • ウィルス感染(Viral Infections):HIV感染、など
  • 寄生虫感染(Parasitic Infections):マラリアなど
  • 真菌感染(Fungal Infections):アスペルギルス症など
  • リケッチア感染(Rickettsia Infections) :発疹チフス。ツツガムシ病など

悪性疾患

  • リンパ腫:ホジキン病など
  • 癌:総ての癌で発熱を伴うことはあるが、腎がんと肝がんでとくに有名である。
  • 白血病(Leukemia)

薬物熱(Drug Fever)

薬剤副作用(薬剤アレルギー)による高熱、診断確定までに時間がかかることがある。

抗生剤が原因のことが多いが、見逃すと医事訴訟に発展する危険がある。

詐熱(Factitious Fever)

体温計をこすって発熱があると思わせる詐病。

体に触れば、発熱の有無はすぐにわかるが、2-3日はごまかされることはある。

3. 鑑別診断で注意すべきこと「治癒できる疾患を見逃さない」

原因不明熱(FUO: Fever of Unknown Origin)の診断では、結核、膠原病、および悪性疾患のいずれかである確率がもっとも高い。

結核は、1.治癒可能な疾患で、2.診断が遅れると、院内集団感染の危険が高くなる、の二つの理由で、見逃してはならない疾患である。

肺結核を末期肺がん、もしくは膠原病とする誤診と、逆に末期肺がんや膠原病を肺結核とする誤診では、同じ誤診(Misdiagnosis)でも、治癒できる疾患を見逃したという理由で、前者の方が罪は深い。

毛利昌史

毛利昌史

東和病院名誉院長。東京大学医学部医学科卒業。米国ミネソタ大学留学(フルブライト留学生)ミネアポリス市Mount Sinai Hospital勤務。帰国後、東京大学第二内科助手、東京大学医学部附属病院中央検査部講師、三井記念病院呼吸器センター内科部長などを歴任し、平成15年に国立病院機構 東京病院名誉院長に就任。その後化学療法研究所付属病院院長、東和病院院長を経て現在は東和病院名誉院長。

この記事がお役に立ったらシェアをお願いします!

お問い合わせ

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

この内容で送信します。よろしいですか?