学習データ作成・アノテーションサービス

単なるデータを「使える」データに!

専門性の高いリソースと言語に特化したテクノロジーで
AI・データ活用をサポート

グローバル化が進み、海外のマーケットも視野に入れてビジネスを展開する時代です。デジタル化やリモート化が加速するなど企業を取り巻く環境も急激に変化しています。その今後の鍵とされるのがAIやデータ活用。どのような規模や業態であっても、日々の事業活動でさまざまなデータが蓄積されています。データを整理や処理することで、用途に応じて「使えるデータ」へと変貌します。技術翻訳に強い会社および言語のスペシャリストとして、アノテーションを活用してデータを資産に変えるお手伝いをし、皆様のデータ活用を全力でサポートいたします。
アノテーションとは
テキスト、画像、動画などのデータにラベリング(メタデータ付与)を行うことを指します。これにより、データの分類や解析、AI用学習データの作成が可能になります。
下記、衣服を例として、
整理される前の状態のものを
可視化して自在に選択できるようにして
誰が見ても(AIでも)分かる状態にすること

こんな方におすすめのサービスです

  • 翻訳コスト削減につながる、翻訳用データを作成したい
  • AI用の学習データを作成したい
  • データを見える化して翻訳以外にも活用したい
  • 日本語や英語だけでなく、さまざまな言語のテキストデータを抽出したい

形態素解析

文を単語に分けて品詞などを判定する「形態素解析」を利用すれば、SNS上のコメントの中からお客様の不満を読み取ったり、大量の技術文書から用語集を作成したりするテキストマイニングが可能になります。

翻訳用対訳集/用語集作成 データ活用サービス

機械翻訳エンジン学習用コーパス作成、CATツール用翻訳メモリ作成、品質向上のための用語集作成など、​翻訳作業の効率化、機械翻訳を最大限に活用できるようお手伝いします​。

弊社が提供する「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」をはじめ、いくつかの機械翻訳サービスでは、既存の機械翻訳エンジンに対訳集を学習させて自社専用の機械翻訳エンジンを作成できます。

川村インターナショナルの
学習データ作成・アノテーションサービスの特徴

01

専門性の高いリソース

技術翻訳に強い会社として、IT、工業、医療、法律など各分野の翻訳知識を持つリソースを抱え、長年リソースに対しトレーニングを行ってきた実績があります。この実績を活かし、アノテーションサービスについても、お客様の希望する分野に合わせて最適な専門リソースをアサインします。
セキュリティ_イメージ画像
02

安心のセキュリティ

汎用ツールではなく独自開発したアノテーション技術を活用しアノテーションを実行しますので、データセキュリティが担保されます。また、徹底したリソース管理をもとに厳選したリソースのみが対応しますので、リソース面でも安心のセキュリティをお約束します。
03

多言語に強い

海外からだと、英語データが集まりやすく既に活用されているケースも多いかと思いますが、アジアや中東その他地域のデータも活用しない手はありません。川村インターナショナルでは海外拠点を持ち、現地リソースやグローバルネットワークが豊富なため、多言語でも同様に質の高いデータ作成・アノテーションサービスが提供可能です。
04

言語に特化したテクノロジー

データ作成時に使われる自然言語処理や音声認識など技術が求められるのはもちろんですが、各言語に合わせた処理が重要となります。言語のスペシャリストである川村インターナショナルでは、言語に特化したテクノロジー開発を行っております。自社内で専門エンジニアを抱え、コンテンツの特性を理解、考慮したサポートを提供いたします。

活用事例

画像認識+ラベリング・分類

業種または分野:機器メーカー
データ:スキャニングされた試験報告書
データ活用すると:試験報告書から特定の規制対応物質のみの記載を抽出可能

文字認識ができないスキャニング文書をお客様の希望に沿った検索可能なデータに変換することができます。スキャンした文書にOCRを実行し、文字認識ができるようにした後に、弊社のアノテーション技術を活用して、ラベリング・分類を行います。

形態素解析+ラベリング・分類

業種または分野:消費財メーカー
データ:SNS投稿やECサイトの商品レビュー
データ活用すると:自社製品に関する投稿やレビューからフィードバックを抽出して製品開発やマーケティングに利用可能

ECサイトのレビュー投稿や関連するSNS投稿をラベリング・分類して検索可能なデータにすることで、お客様フィードバックとして蓄積できます。また、形態素解析をすれば、形容詞や副詞だけを抽出し、肯定的な反応と否定的な反応に分類して集計することも可能です。

 

ラベリング・分類+音声認識

業種または分野:ITサービスやコールセンター
データ:問い合わせメールや通話の録音データ
データ活用すると:ウェブサイトのFAQページ・コンテンツ作成やAIクエリ予測に利用可能

問い合わせメールから取り出したデータや、通話録音データを音声認識でテキスト化したものをラベリング・分類することで、貴社ウェブサイトのFAQページやFAQコンテンツの作成に活用できます。FAQを充実させることで、メールや電話で問い合わせる前に解決できることが増え、顧客満足度の向上に繋がります。

翻訳サービスをお探しの方は、お気軽にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
JSAマーク
ISO17100/JSAT 007
認証範囲:
以下の翻訳サービス(英日・日英)
①金融・経済・法務
②医療・医薬
③工学・科学技術
ISO
IS 632884/ISO 27001
※当社では、ISO17100に準拠した翻訳サービスを提供可能です。
準拠サービスをご希望の場合は、ご依頼時にお申し付けください。
ページトップに戻る