ニューラル・統計ベース・ルールベース

 

 

最適な機械翻訳ソリューションを提案

 

 

機械翻訳を活用する時代

機械翻訳エンジンの性能は、日進月歩で向上しています。川村インターナショナルは20年以上前のルールベース機械翻訳運用から、試行錯誤を続けてきましたが、ニューラル翻訳の登場など、昨今の品質向上には目を見張るものがあります。

機械翻訳を活用することで今まで翻訳をしたくてもできなかったコンテンツを翻訳できるようになるかもしれません。

自社でエンジンを運用すべきか、翻訳会社に頼むべきかという初歩的な質問から、機械翻訳エンジンの選定から性能評価、カスタマイズまで、機械翻訳の導入をフルサポートします。

できること、できないこと、はっきりさせます。

「機械翻訳を活用しよう!」と思っても、何から調べればよいかわからない。そんな声を最近耳にします。機械翻訳エンジンの開発会社、販売代理店、翻訳者、そして翻訳会社。さまざまな立場の人間が、それぞれの目線で機械翻訳サービスを提供することが多いため、いろいろな会社から情報収集する必要があるのではないでしょうか。

自社のサービスの質を向上させる目的で機械翻訳で補完する、あるいは新しいサービスとして機械翻訳エンジンの出力に手を全く加えずに活用する場合は、機械翻訳エンジンの開発会社や販売代理店に問い合わせるのが良いかもしれません。一方、既に翻訳会社に発注をしているドキュメントがあり、機械翻訳を活用してそのコストや納期を削減したいというケースでは、ターゲットになる品質について良く理解している翻訳会社に問い合わせるのが一番です。川村インターナショナルは、その両方の役割を担っているため、お客様の用途に応じて幅広い提案ができるのも強みです。

また、川村インターナショナルは、人手翻訳、クラウドソーシング翻訳、機械翻訳、ポストエディットなど、さまざまな翻訳手法に精通しています。お客様の要求する翻訳品質が機械翻訳で実現できるのか、できないのか、あるいは用途によってはやるべきか、やめるべきなら代替手法はないのかアドバイスします。

当社の機械翻訳ソリューションの強み

複数の候補から最適な エンジンを提案

Google翻訳の導入支援、Microsoft Bing/Hubの導入支援、統計的機械翻訳エンジンの販売&導入支援、ルールベース機械翻訳エンジンなど、多数のオプションの中からお客様に最適な機械翻訳エンジンを選択します。

貴社のワークフローの中に自動化して実装

CMSから翻訳対象のテキストを抽出して、各種翻訳支援ツール(SDL TRADOS Studio/Memsource/memoQ/XTMなど)を使用して翻訳メモリ(TM)&機械翻訳(MT)の一括適用をするワークフローを構築できます。

ポストエディットまで 一手に引き受け

機械翻訳処理だけでは不十分な場合には、人間の手によって修正(ポストエディット)することも可能です。多言語ポストエディターの確保も弊社で一括対応できます。

導入事例

自動車関連会社様

Google翻訳を活用して、社内の企業理念サイトを日本語から英語、中国語、スペイン語、ポルトガル語に多言語翻訳するWeb を構築しました。CMSの導入から、ポストエディット用の編集画面まで実装しています。

日系ERPベンダー様

ルールベース機械翻訳エンジンを活用して、社内のサポートシステムのやり取りを機械翻訳で処理しています。用語集の構築ができるところがルールベースの機械翻訳エンジンの強みです。

翻訳会社様

日本では弊社が独占販売している統計ベースの機械翻訳エンジンGlobaleseを導入し、英語から北欧、東欧の言語に機械翻訳をかけ、ポストエディットしています。対訳データが100万ワード以上ある場合は、統計ベースもお勧めです。

お問い合わせ

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

Localization World 35に登壇しました!

11/2(木)~11/3(金)に、アメリカのシリコンバレーで開催された「Localization World 35」に出席しました。 11/2(木)には、私前田と伊澤が「TAUS」の発表枠で登壇し、「MT Meets Asia: The Way of Machine Translation in Asian Languages」というテーマでお話しさせていただきました。

徹底解説!翻訳業界の現状と今後

業界の需要と供給事情について把握しておくことは、翻訳業界で働く側にとっても依頼する側にとっても役立ちます。 翻訳業界の現状と今後の需給の見通しについて解説します。

【MT summit XVI 開催間近!】特別インタビュー企画 ⑤

機械翻訳に関連した学会イベント MT summit が24年ぶりに日本で開催されます。今回は、アジア太平洋機械翻訳協会(AAMT)会長の、中岩浩巳 名古屋大学特任教授をお招きして、機械翻訳の現状と、イベントの見どころをご紹介いただきます。

【MT summit XVI 開催間近!】 特別インタビュー企画 ④

機械翻訳に関連した学会イベント MT summit が24年ぶりに日本で開催されます。今回は、アジア太平洋機械翻訳協会(AAMT)会長の、中岩浩巳 名古屋大学特任教授をお招きして、機械翻訳の現状と、イベントの見どころをご紹介いただきます。

【MT summit XVI 開催間近!】 特別インタビュー企画 ③

機械翻訳に関連した学会イベント MT summit が24年ぶりに日本で開催されます。今回は、アジア太平洋機械翻訳協会(AAMT)会長の、中岩浩巳 名古屋大学特任教授をお招きして、機械翻訳の現状と、イベントの見どころをご紹介いただきます。

この内容で送信します。よろしいですか?