「みんなの⾃動翻訳@KI(商⽤版)」がSlackで利用可能に

2021年11月02日
ビジネス向けメッセージングツール「Slack」において、ユーザーがチャット内で投稿したメッセージを当社のクラウド機械翻訳サービス「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」を用いて翻訳する、Slack連携機能を開発しました。

■ 「みんなの⾃動翻訳@KI(商⽤版)」Slack連携機能の内容

  • SlackユーザーはWorkspace内の任意のチャンネルにおいて、自身の投稿内容を任意の言語に翻訳することができます。
     
  • ユーザーが投稿した内容は「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」に送信され、指定された言語に翻訳後に元のチャンネルに戻されます。
     
  • 「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」は、当社が日本国内のサーバーで管理運営するクラウドサービスであり、ユーザーが送信した翻訳原文および翻訳結果をサーバーに残さないため、チャットツール上でやりとりされる社内外の機密情報を安心して翻訳することができます。
(本機能はみんなの自動翻訳@KI(商用版)のオプション機能です。ご利用にはみんなの自動翻訳@KI(商用版)をご契約いただく必要があります。)

■ 「みんなの⾃動翻訳@KI (商⽤版)」Slack連携 サービス概要

  •  費用:Slack連携利用の初期費用 110,000円(税込)、Slack連携オプション費用 5,500円(税込)/月
     
  •  Slack連携で利用可能な機械翻訳エンジン:汎用エンジン
     
  •  対応言語:⽇本語⇔英語、および日本語または英語 ⇔ 中国語(簡体字)・中国語(繁体字)・韓国語・その他アジア/ヨーロッパ⾔語含む、全74⾔語の組み合わせ
※ご利用開始にあたってはお客様のSlack Workspaceでの設定作業が必要となります。

■「みんなの⾃動翻訳@KI (商⽤版)」Slack連携 利用イメージ

  • 作成したBotにメンションした後、言語ペアの略語を指定して、翻訳原文を入力します。

 

  • Botより翻訳結果が戻ってきます。

お申込み、お問い合わせ等ございましたら、営業担当または、お問い合わせください。どうぞよろしくお願いいたします。


■過去のリリース情報はこちら

みんなの自動翻訳@KI サービス紹介資料

「翻訳バンク®」の枠組みを活用した国産ニューラル機械翻訳エンジンです。汎用、特許、金融エンジン全てが最新の「NT(次世代型)」エンジンに対応し、翻訳処理速度向上、訳抜け・流暢性もさらに向上しました。

API連携・プラグイン連携も多数。自社の翻訳環境に合わせた導入が実現できます。ぜひ資料をご覧ください。

みんなの自動翻訳@KI(商用版)サービス資料

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

JSAマーク
ISO17100/JSAT 007
認証範囲:
以下の翻訳サービス(英日・日英)
①金融・経済・法務
②医療・医薬
③工学・科学技術
ISO
IS 632884/ISO 27001
※当社では、ISO17100に準拠した翻訳サービスを提供可能です。
準拠サービスをご希望の場合は、ご依頼時にお申し付けください。