翻訳・機械翻訳・ポストエディットなど翻訳に関連する情報を発信

アメリカ英語とイギリス英語の違いって?

英語と一括りにいっても、様々なバリエーションがあります。

日本では、「英語」というと一般的にアメリカ英語のことを指すことが多いですが、日本やアメリカ以外で英語を習得した人たちにとっては、「英語」といっても必ずしもアメリカ英語を指すわけではありません。私自身ヨーロッパで英語を勉強したので、この仕事に就くまでは、英語=イギリス英語という感覚でいました。

イギリス英語やアメリカ英語をはじめとするそれぞれの英語では、スペルが違ったり、場面に応じて使う用語が異なったりする場合があるので、違いを把握しておくことが重要です。

違いがわからないまま日英(和文英訳)の翻訳チェックをすると、同一ドキュメント内のアメリカ英語ネイティブとイギリス英語ネイティブの担当した部分でスペルや表記ルールがバラバラ・・といったことになるケースも。 

そこで今回の記事では、翻訳やチェックをする際にこれだけは頭に入れておいてほしい、アメリカ英語とイギリス英語の違いに関するポイントを4つ、ご紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.スペル・ボキャブラリーの違い
  2. 2.集合名詞の違い
  3. 3.過去分詞の違い
  4. 4.前置詞の違い
  5. 5.パンクチュエーションやライティングルールの違い
    1. 5.1.敬称
    2. 5.2.日付
    3. 5.3.クオテーションマーク
  6. 6.おわりに
  7. 7.川村インターナショナルの翻訳サービス

スペル・ボキャブラリーの違い

ご存知の方も多いと思いますが、アメリカ英語とイギリス英語では、同じ単語でもスペルが違うものが多くあります。スペルに関しては、ワードなどの文章校正機能で言語設定を正しく行うことで、間違いを防ぐことができます。

ボキャブラリーの違いは少しトリッキーですが、日常会話でも使うような以下の類の違いは最低限抑えておきたいところです。​​​​​​​

日本語

イギリス英語(BrE) 
アメリカ英語(AmE)
 1階
ground floor

 first floor

(BrEで”first floor”は2階になる)

休暇 
 holiday
vacation
学期
 term
semester
サッカー
football
 soccer

また、アメリカとイギリスではそれぞれ学校制度が違い、日本の学校制度とも異なりますので、翻訳する際には安易に言葉を置き換えてしまわないように注意する必要があります。

例として、「小学校」はBrEではPrimary schoolで、5~11 歳までの児童が通う学校を指します。対して米国では、Elementary schoolになりますが、州によって6年制と8年制があり、通い始める年齢も6歳からとなっています。


集合名詞の違い

AmEでは、集合名詞は基本的に単数として扱われます。その一方で、BrEでは単数として扱われることも、複数として扱われることもあります

AmE  The team is investigating the case.

BrE       The team are investigating the case.

知らずに集合名詞を複数として訳出している場合、米語ネイティブにとって違和感のある文章になってしまう可能性がありますので注意が必要です。

ただし、The Chicago Manual of Styleに以下のような項目もありますので、アメリカでは単数を好む強い傾向があるものの、内容によっては複数として扱うこともあるようです。

When the subject is a collective noun conveying the idea of unity or multitude, the verb is singular {the nation is powerful}. When the subject is a collective noun conveying the idea of plurality, the verb is plural {the faculty were divided in their sentiments}. 
(5.138: Agreement in person and number, The Chicago Manual of Style. The University of Chicago Press, 2017.)


過去分詞の違い

AmEとBrEの大きな違いの中の一つに、過去分詞の差異があります。その中でも、覚えておきたいのがgetです。

AmEでは、gottenとなりますが、BrEではgottenという形はもう使われておらず、gotになります。

AmE    She’s gotten very angry.

BrE      She’s got very angry.

以下のようなものも、意外と見過ごしやすいのではないでしょうか。

原型
過去分詞(BrE)
過去分詞(AmE)
spill
spilled/spilt
spilled
smell
smelled/smelt
smelled
prove
proved
proved/proven
learn
learned/learnt
learned


前置詞の違い

AmEBrEでは身近な言い回しでも前置詞が異なるものがあります。

メジャーなものをいくつかピックアップしました。

BrE
AmE
at the weekend
on/during/over the weekend
play in a team
play on a team
I'm writing to Megan
I'm writing Megan/ I'm writing to Megan
Monday to Friday
Monday through Friday/ Monday to Friday
to enrol on a course
to enroll in a course
different from/to
different from/than

他にも検索すると一覧表が出てきますので、一度目を通しておくと気を付けるべきところがはっきりすると思います。特に下線を引いた例文は英国では完全に無い言い回しらしいので、どちらかの国で違和感が強いものは(他の言い方がある場合)避けるのが無難ですね。

パンクチュエーションやライティングルールの違い

敬称

AmEでは終わりにピリオドがつくのに対して、BrEではつきません

AmE Ms. Mr. Dr. St.

BrE      Ms Mr Dr St


日付

アメリカでは月/日/年の順番で日付を表しますが、イギリスや他のヨーロッパ各国では日/月/年で表記するのが一般的です。

クオテーションマーク

アメリカ英語とイギリス英語の違いで意外に知られていないのが、引用符に関する違いではないでしょうか。

直接話法を使って発言を訳出するときや何かを引用するときなど、翻訳時にクオテーションマーク(引用符)を使用することは多いと思います。

直接話法で訳出する際にAmEでは必ずダブルクオテーションを使いますが、BrEではシングルクオテーションを使用しても問題ないというルールになっています。発言の中で別の発言に言及する場合など、AmEでは初めの発言でダブルクオテーションを使い、クオート内部の引用部分はシングルクオテーションで囲みますが、BrEではこれを反対にしても問題ありません。

実際に例を見てみましょう。

AmE She said, Never say ‘never.’

BrE      She said, Never say “never”’.

上記の例でも明らかですが、もう一つの違いはカンマやピリオドといったパンクチュエーションマークの位置です。AmEではカンマやピリオドをクオテーションマークの中に入れるのに対して、BrEでは基本的にクオテーションマークの外に出します。クオテーションマークやパンクチュエーションに関するばらつきは普段の業務でもよくみかけますので、心当たりがある方は今一度、チェックするようにしましょう。


おわりに

最後に、BrE/AmEの違いから発生するドキュメント内の表記の揺れで、個人的によく見るものをランキングにしてみました。

  1. スペル
  2. 敬称(Mr.、Ms.など)
  3. クオテーションマーク(パンクチュエーションマークの中/外の揺れ)

細かい違いを細部まで理解するのはなかなか難しいと思いますが、どのような違いや注意点があるか、大体でも把握していると、クリティカルなミスをすることはないと思います。奥の深い翻訳ですが、少しずつでも知識をつけていくことで世界が広がるはずです。


川村インターナショナルの翻訳サービス

川村インターナショナルでは、マーケティングドキュメントやプレゼンテーション資料を含む、あらゆる種類のコンテンツに対応した翻訳サービスを提供しています。

対応分野は、IT・ローカリゼーション、医療機器・医薬、観光・インバウンド、製造業、金融・ビジネス・法務、SAP 関連文書など。お客様の業種・専門分野に応じて最適な翻訳者が対応いたします。弊社の審査基準をクリアした、経験豊富なプロの翻訳者ですので、品質の面でもご安心ください。

お客様のさまざまなニーズへご提案させていただきます。翻訳依頼・見積もり依頼こちらのフォームから、お気軽にお問い合わせください。


関連記事


KIマーケティングチーム

KIマーケティングチーム

川村インターナショナルWebマーケティングチームです。開催予定セミナーやイベントの告知、ブログ運営などを担当しています。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

この記事がお役に立ったらシェアをお願いします!

人気記事ランキング

タグ

アーカイブ