2020/5/14 オンラインセミナ―

 
開催日時

2020年5月14日(木)15:00 - 16:00

テーマ 気軽に機械翻訳「Langzy」!(キーワードはドラッグ&ドロップ、高性能エンジン、従量課金!)

内 容

・Lanzyとは
・気軽にドラッグ&ドロップ!
・気軽に高性能エンジン!
・気軽に従量課金!
・質疑応答
主催者

株式会社川村インターナショナル

参加費 無 料(要予約、事前登録制)
会 場 オンラインのため、その場でパソコンからご覧いただけます。
定 員 10名 参加締め切り:5/13(水)
その他 こんなお悩みをお持ちの方におすすめです。
  • 気軽に機械翻訳を使いたい
  • 現在使用している機械翻訳ではオーバースペック
  • 期間限定で機械翻訳を使いたい
  • 固定費がかかるのは出来るだけ避けたい
  • 様々なファイル形式の翻訳をする必要がある
  • 様々な翻訳エンジンを使いたい
※法人企業様向けのセミナーになります。競合他社様および個人の方のご参加はお断りさせていただいております。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

はじめての翻訳

お客様の望まれる納期/予算内で、希望に沿った翻訳成果物を受け取るためには、どのような情報を準備したらよいのか、そのポイントをまとめました。
(全15ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

1 翻訳の基本
2 翻訳の流れ
3 翻訳会社の探し方、選び方
4 見積り時に何を伝えればいいの? など
競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

ポストエディットの品質を上げる!翻訳における用語集作成のコツ

機械翻訳の発展に伴いポストエディットサービスが注目されています。そこで本記事では、ポストエディットの品質を向上させるための「用語集」作成についてご紹介します。

翻訳会社についての豆知識 ~よくある質問⑥観光文書と機械翻訳精度~

翻訳会社によく寄せられる質問に回答するシリーズ第六弾。今回は「観光系の文書」と「翻訳翻訳の精度」についてご紹介します。

書籍レビュー:『自動翻訳大全 終わらない英語の仕事が5分で片づく超英語術』

2020年10月に三才ブックスより『自動翻訳大全』が出版されました。本記事では、弊社の制作スタッフが現場目線で本書のレビューをまとめました。

機械翻訳vs人手翻訳⇒機械翻訳+人手翻訳

好評シリーズ「機械翻訳vs人手翻訳」のスピンオフです。今回は、機械翻訳と人手翻訳をうまく活用し、翻訳のQCDを向上させる方法をご説明します。

特許翻訳DXのススメ<明細書翻訳における機械翻訳活用方法>

「特許明細書の翻訳に機械翻訳は使えるの?」そんな疑問にお答えするため、弊社営業社員が、特許翻訳における機械翻訳の活用方法をご紹介します。

 

ISO17100/JSAT 007
認証範囲:
以下の翻訳サービス(英日・日英)
①金融・経済・法務
②医療・医薬
③工学・科学技術

IS 632884/ISO 27001
※当社では、ISO17100に準拠した翻訳サービスを提供可能です。準拠サービスをご希望の場合は、ご依頼時にお申し付けください。