2020/7/16 オンラインセミナ―

 

開催日時

2020年7月16日(木)15:00 - 16:00

テーマ アフターコロナの翻訳依頼(今だから依頼する翻訳業務)

内 容

・コロナ禍によって業務上どのような影響が出ているか
・現状どのようなニーズがあるのか
・これまでの翻訳依頼内容を分解してみる
・期待値の再検討
・外注する業務、内製する業務
・今だからお手伝いできるその業務
主催者

株式会社川村インターナショナル

参加費 無 料(要予約、事前登録制)
会 場 オンラインのため、その場でパソコンからご覧いただけます。
定 員 10名 参加締め切り:7/15(水)
その他

こんなお悩みをお持ちの方におすすめです。

  • コロナ禍によって自身の翻訳業務に影響が出ている
  • 翻訳業務フローの整理や見直しをしなければならない
  • 翻訳をしなければならないが、コスト低減を求められている
  • 翻訳をしなければならないが、時間/リソースを割けない
  • 翻訳関連のエンジニアリングに課題がある

※法人企業様向けのセミナーになります。競合他社様および個人の方のご参加はお断りさせていただいております。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。


はじめての翻訳

お客様の望まれる納期/予算内で、希望に沿った翻訳成果物を受け取るためには、どのような情報を準備したらよいのか、そのポイントをまとめました。
(全15ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

1 翻訳の基本
2 翻訳の流れ
3 翻訳会社の探し方、選び方
4 見積り時に何を伝えればいいの? など
競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

書籍レビュー:『自動翻訳大全 終わらない英語の仕事が5分で片づく超英語術』

2020年10月に三才ブックスより『自動翻訳大全』が出版されました。本記事では、弊社の制作スタッフが現場目線で本書のレビューをまとめました。

機械翻訳vs人手翻訳⇒機械翻訳+人手翻訳

好評シリーズ「機械翻訳vs人手翻訳」のスピンオフです。今回は、機械翻訳と人手翻訳をうまく活用し、翻訳のQCDを向上させる方法をご説明します。

特許翻訳DXのススメ<明細書翻訳における機械翻訳活用方法>

「特許明細書の翻訳に機械翻訳は使えるの?」そんな疑問にお答えするため、弊社営業社員が、特許翻訳における機械翻訳の活用方法をご紹介します。

翻訳会社についての豆知識 ~よくある質問⑤見積金額と依頼時に必要な情報~

翻訳会社によく寄せられる質問に回答するシリーズ第五弾。今回は「見積金額」と「翻訳依頼時に必要な情報」についてご紹介します。

英語の訛りと方言研究室:イギリス編(訛り編)

多くの国と地域で話されている「英語」は、場所によって言い回しや訛りが大きく異なります。今回はイギリスで話されている英語の訛りと方言をご紹介します。その他、川村インターナショナルはFIGSをはじめ欧州(全域)の言語は欧州拠点の関係会社が現地拠点として対応しています。

 

ISO17100/JSAT 007
認証範囲:
以下の翻訳サービス(英日・日英)
①金融・経済・法務
②医療・医薬
③工学・科学技術

IS 632884/ISO 27001
※当社では、ISO17100に準拠した翻訳サービスを提供可能です。準拠サービスをご希望の場合は、ご依頼時にお申し付けください。