翻訳・機械翻訳・ポストエディットなど翻訳に関連する情報を発信
catch-img

料理を楽しみながら英語を学ぼう!海外の料理番組をおすすめする3つの理由

昨年から自宅で過ごす時間が格段に増えた方が多いのではないでしょうか。これをきっかけに、今まで日常的に料理をしたことがない方も、初めて料理にトライし、夢中になってしまったという方もいらっしゃるのではと思います。

最近は、料理本やテレビからの情報ではなく、ネット上のレシピや動画を参照しながら気軽に料理を作ることもできるようになりました。

そこで、これから英語力をアップさせたい方におすすめしたいのが海外の料理番組です。海外の料理番組をおすすめする理由は、次の3つです。


旅行気分が味わえる

毎年、海外旅行を楽しんでいた方(特にグルメを!)にとって、渡航制限や外出制限がされている現在、海外のグルメが恋しい状態なのではないでしょうか。

そんななか、食事にフォーカスした海外の料理番組は、気軽に旅行気分が味わえるものになるのではないかと思います。食べることがお好きな方なら、見ているだけで楽しいと思いますが、お料理好きの方なら、コストコやカルディなどの輸入食材品で海外の食材を購入したり、ネットで海外の調味料を気軽に手に入れたりできます。ご自分で作るとさらに現地の気分を味わえるのではないかと思います。


特に、調味料は、いつもと違ったものを使っただけで、異国情緒漂う料理に変化させたり、料理のグレードをアップさせたりできるため、料理番組で紹介している調味料を探し出し、実際に使ってみると、日常生活にちょっとした変化をもたらしてくれるかもしれません。

筆者の場合、イギリスの料理番組で「カルダモン」というスパイスが熱心に紹介されていたことから興味を惹かれ、実際に購入して使ってみました。カレーだけではなく、クラフトコーラなどのドリンクやケーキなどのお菓子作りにも使え、思っていたよりもいろんな料理に使用できることができることを知りました。料理に深みが増すため、今ではお気に入りのスパイスです。


英語が学べる

テレビの料理番組は、料理についての導入(番組によっては、この部分の説明が長く濃く、番組の特徴が示される箇所)の後に、料理を作りながら手順の説明をし、最後にしめくくり(できあがったものを食し感想を述べるなど)というパターンが一般的です。

英語圏の料理番組の場合は、口語が使用されており早口で展開されるので、導入部は聞き取りにくいのですが、番組のメインパートとなる作り方の手順は、短く平易な英語が使われますので、英語のリスニングが不慣れな方でも映像からの情報と一緒なら比較的聞き取りやすいかと思います。


また、現地で使用される表現が多用されるため、実際に日常的に使われる英語を知りたい人にとっては大変勉強になるかと思います。例えば、あるアメリカの料理番組では、登場する料理人の方が「Nice and 形容詞」を多用していました。この場合のniceは後ろに続く形容詞を強調する意味で「ずいぶん」「とても」の意味になります。この料理人の方の口癖なのか、毎回何度も登場するので、どういう場面で使うものなのかよくわかるようになりました。

このように、ずっと同じ番組を視聴していけば、その料理人の発音の特徴や言い回しもつかめるようになってくるので、回を重ねるごとにリスニングがしやすくなると思います。

文化の違いが学べる

一口に英語圏の料理番組といっても、アメリカ、イギリス、オーストラリアなど様々な英語圏のものがあり、文化的な違いを呈しています。

例えば、計量の表現をとりあげても、日本とは異なります。日本では1カップは200 mLを指しますが、アメリカ、イギリス、オーストラリアではそれぞれ違うことはご存知でしょうか?1カップは、アメリカでは約240 mL、イギリスでは約285 mL、オーストラリアでは250 mLを指します。

1カップときいて、日本と同じ計量で作ってしまうと、味が思っていたのと違うものができるなんてことがありえると思いますが、それもそれで経験として知ることができ、その失敗も含めてチャレンジとして楽しめるのではないかと思います。

また、海外の料理番組は、日本のもののように型にはまっておらず、その料理人の方の性格が番組全体にあふれ出ています。ある番組では作った料理をすぐにキッチンで立ったまま食したり、またある番組では庭に出て食材のハーブを採取してそのままフライパンに入れたり。作っている過程を本人が楽しんでいるので視聴している側も楽しくなります。


まとめ

以上の理由から、見て楽しく、旅行気分が味わえ、自宅で英語の勉強もできる海外の料理番組の視聴はおすすめです。Amazon primeやHuluなどの動画配信サービスを利用すれば、ドラマの視聴と同じように簡単に視聴することができます。

また、最近はYouTubeでも海外のレストランのシェフが動画を配信しており、手軽に視聴することができます。今まで海外の料理番組を視聴したことがない方がいらっしゃいましたら、この機会にぜひ視聴されてはいかがでしょうか。海外ならではの大雑把さやゆるさに度肝を抜かれ、料理について新鮮な側面を感じられると思います。


川村インターナショナルの翻訳サービス

川村インターナショナルでは、動画翻訳にも対応しております。動画ファイルに字幕や収録音声を付けたり、会議の収録など音声だけのファイルからテキストデータへの変換などを行うことが可能です。

また、翻訳実績豊富な川村インターナショナルだからできる文字起こし~字幕挿入までの動画翻訳プロセスを、以下のホワイトペーパーでご紹介しています。気になる方はぜひご一読ください。

その他、川村インターナショナルの各種サービスをご覧いただける動画コンテンツも充実しています。より直感的な情報でご紹介しておりますので、気になる方はぜひご覧ください。


関連記事


KIマーケティングチーム

KIマーケティングチーム

川村インターナショナルWebマーケティングチームです。開催予定セミナーやイベントの告知、ブログ運営などを担当しています。

この記事がお役に立ったらシェアをお願いします!

ホワイトペーパーはこちら

それ、機械翻訳で もっと簡単に(初級編)​- 資料請求フォーム

仕事上、英語は避けて通れない… グローバル化が進み、何かしらの翻訳作業を誰でも行っている時代です。そんな時だからこそ機械翻訳をおススメする理由についてご説明します。

機械翻訳をマニュアル翻訳に活用​- 資料請求フォーム

「機械翻訳はマニュアルに使えるのだろうか?」そんなお悩みを解決すべく、機械翻訳のメリット・デメリット、品質・費用・納期の具体例、活用のコツ、また機械翻訳導入におけるお客様の疑問にお答えします。

JSAマーク
ISO17100/JSAT 007
認証範囲:
以下の翻訳サービス(英日・日英)
①金融・経済・法務
②医療・医薬
③工学・科学技術
ISO
IS 632884/ISO 27001
※当社では、ISO17100に準拠した翻訳サービスを提供可能です。
準拠サービスをご希望の場合は、ご依頼時にお申し付けください。