翻訳・機械翻訳・ポストエディットなど翻訳に関連する情報を発信
catch-img

翻訳を効率的に行う秘訣~自動校正ツール編~

翻訳依頼・翻訳業務・機械翻訳・ポストエディット・セミナーなど、翻訳に関連するお役立ち情報メールマガジンを配信しています。この機会に、翻訳に関する情報収集をお考えの方はぜひご登録をお願いいたします。今回は、翻訳品質向上に関わる「翻訳エラー」についてご紹介します。


一般的な英日翻訳の作業フローでは、翻訳者が翻訳を行った後、翻訳チェッカーが翻訳チェックを行い、品質管理担当者が最終品質チェックを行います。通常、翻訳者/翻訳チェッカーは厳しいトライアルをパスしているはずですが、翻訳チェック後の翻訳エラーをゼロにすることは難しいのが現状です。

そこで、翻訳チェック後に自動校正ツールを使用して機械的なチェックをかけることで、短時間でエラーを最小限にまで抑えることができます。今回は、翻訳会社で行っている、いくつかのツールを組み合わせて翻訳エラーをなくしていく取り組みをご紹介します。

関連ニュース:
機械翻訳活用プラットフォーム XMAT(トランスマット)2021年1月19日よりサービス開始。 複数の翻訳検証機能やカスタマイズ機能によりライトユーザーのニーズに対応します。

目次[非表示]

  1. 1.翻訳エラーの種類
  2. 2.翻訳ツールの検証機能
  3. 3.ApSIC Xbench
  4. 4.文章校正ツール・Just Right
  5. 5.まとめ
  6. 6.川村インターナショナルの翻訳サービス

翻訳エラーの種類

翻訳エラーには以下のようなものがあります。

  1. 訳抜け(セグメント単位、文単位、単語単位)
  2. 誤訳(構文解釈誤り、単語レベル誤訳、調査不足)
  3. 指示違反(用語違反、規約・スタイル違反、その他指示違反)
  4. 誤字脱字誤記
  5. 表記ゆれ、スタイルゆれ
  6. 訳文の文法エラー、係り受けエラー、表現エラー、不適切な表現、流暢さ
  7. タグの不整合
  8. ツールの誤使用、TM流用ミス

これらの翻訳エラーを検出するために活用できるツールをご紹介します。


翻訳ツールの検証機能

TradosなどのCAT(翻訳支援)ツールには検証機能が備わっています。この機能を活用することで、1. 訳抜け(セグメント単位)、3. 指示違反、7. タグの不整合などのエラーを検出できます。設定が必要になりますが、単語リストや正規表現の機能を利用すれば、プロジェクトに特化したスタイルエラー、用語エラー、特別なルールなども詳細に検出することができます。


ApSIC Xbench

XbenchQA機能を使用することで、1. 訳抜け(セグメント単位)、3. 指示違反、7.タグの不整合のエラーを検出できます。さらに、XbenchのChecklist Managerを使用すれば、TradosのQA Checkerと同じようにプロジェクトに特化したスタイルエラー、用語エラー、特別なルールなども詳細に検出することができます。

上記2つのツールを使って1. 訳抜け(セグメント単位)、3. 指示違反、7.タグの不整合をチェックできました。

  1. 訳抜け(セグメント単位、文単位、単語単位)
  2. 誤訳(構文解釈誤り、単語レベル誤訳、調査不足)
  3. 指示違反(用語違反、規約・スタイル違反、その他指示違反)
  4. 誤字脱字誤記
  5. 表記ゆれ、スタイルゆれ
  6. 訳文の文法エラー、係り受けエラー、表現エラー、不適切な表現、流暢さ
  7. タグの不整合
  8. ツールの誤使用、TM流用ミス

さらに別のツールを使うことで、これらのツールでは検出できなかった翻訳エラーを検出できます。


文章校正ツール・Just Right

このツールでは、誤字脱字、用語ミス、スペルエラー、表現(冗長表現、誤解を招く表現など)、表記ゆれ、括弧の不統一を確認できます。ご紹介した翻訳ツールの検証機能やXbenchでは検出できない4. 誤字脱字、6. 訳文の文法エラー、表現エラー(一部)を検出できます

  1. 訳抜け(セグメント単位、文単位、単語単位)
  2. 誤訳(構文解釈誤り、単語レベル誤訳、調査不足)
  3. 指示違反(用語違反、規約・スタイル違反、その他指示違反)
  4. 誤字脱字誤記
  5. 表記ゆれ、スタイルゆれ
  6. 訳文の文法エラー、係り受けエラー、表現エラー、不適切な表現、流暢さ
  7. タグの不整合
  8. ツールの誤使用、TM流用ミス

このように、いくつかのツールを組み合わせて使用することで、翻訳エラーを効率的に検出し注1、翻訳品質を高めることができます。

注1: すべて検出できるということではありません。


まとめ

上記のツールを使用して大半のエラーを機械的に検出することができました。しかし、1. 訳抜け(単語単位)、2. 誤訳、6. 訳文の文法、表記エラー、不適切な表現、8.ツールの誤使用、TM流用ミスなどは、ツールで検出することが難しく、作業者(翻訳者/翻訳チェッカー)のスキルに大きく依存します。

このような、ツールでは検出できない属人的なエラーについては、翻訳者の翻訳内容を評価/フィードバック/分析することで、翻訳品質の改善を促し、品質を向上させることが可能です。

今回は、いくつかのツールのほか、翻訳品質向上に関わる方法をご紹介いたしました。ほかにもさまざまなツール/手法がありますので、機会がありましたらご紹介したいと思います。


川村インターナショナルの翻訳サービス

川村インターナショナルでは、創業期から続く品質重視の姿勢を変えず、翻訳の国際規格であるISO 17100の認証を取得しており、国際規格に基づいた翻訳サービスを提供しています。


対応分野は、IT・ローカリゼーション、医療機器・医薬、金融・IR・法務、観光・インバウンド、製造業、SAP 関連文書など。お客様の業種・専門分野に応じて最適な翻訳者が対応いたします。お客様のさまざまなニーズへご提案させていただきます。翻訳依頼・見積もり依頼はこちらのフォームから、お気軽にお問い合わせください。

情報満載のメールマガジン「TransReed」の登録も、どうぞよろしくお願い致します。


関連記事

KIマーケティングチーム

KIマーケティングチーム

川村インターナショナルWebマーケティングチームです。開催予定セミナーやイベントの告知、ブログ運営などを担当しています。

この記事がお役に立ったらシェアをお願いします!

ホワイトペーパーはこちら

それ、機械翻訳で もっと簡単に(初級編)​- 資料請求フォーム

仕事上、英語は避けて通れない… グローバル化が進み、何かしらの翻訳作業を誰でも行っている時代です。そんな時だからこそ機械翻訳をおススメする理由についてご説明します。

機械翻訳をマニュアル翻訳に活用​- 資料請求フォーム

「機械翻訳はマニュアルに使えるのだろうか?」そんなお悩みを解決すべく、機械翻訳のメリット・デメリット、品質・費用・納期の具体例、活用のコツ、また機械翻訳導入におけるお客様の疑問にお答えします。

JSAマーク
ISO17100/JSAT 007
認証範囲:
以下の翻訳サービス(英日・日英)
①金融・経済・法務
②医療・医薬
③工学・科学技術
ISO
IS 632884/ISO 27001
※当社では、ISO17100に準拠した翻訳サービスを提供可能です。
準拠サービスをご希望の場合は、ご依頼時にお申し付けください。
ページトップに戻る