翻訳・機械翻訳・ポストエディットなど翻訳に関連する情報を発信
catch-img

動画コンテンツと字幕翻訳

スマートフォンやタブレットの普及、そしてYouTubeをはじめとしたチャンネルの多様化に伴い、マーケティングの手段としての動画コンテンツが注目されています。
特にインバウンド市場・海外市場へのアプローチ手段として、様々な企業が動画による広告や商品紹介を導入しています。

ここで重要になるのが、「字幕翻訳」です。

字幕翻訳と聞くとドラマや映画の字幕を思い浮かべる方が多いと思いますが、最近では企業のグローバル化に伴い、自社で扱うプロモーションビデオや製品紹介ビデオなどの字幕翻訳の需要が増えています。
このように、業界でも大きな成長がきたされている字幕翻訳ビジネスですが、実際のところ翻訳会社ではどのように取り扱われているのでしょうか。その実態を解説します。

歴史:企業の動画コンテンツの変遷

今ではネット上にありふれた企業のプロモーションビデオ。
個人でも簡単に作れてしまう動画コンテンツですが、数年前までは取り巻く環境が全く違いました。
企業向けの動画製作といえば、一昔前までは大きな予算を使った一大プロジェクトであるという通念があり、長時間にわたる映像が多く作られていました。
そのうち、動画コンテンツ制作のハードルが次第に下がり、動画の数もどんどん増えていき、自社のホームページだけでなく動画投稿サイトなどでもたくさんみられるようになりました。

このようにインターネットの普及や動画コンテンツ作成のハードルが下がったことで、ネット上では莫大な量の動画コンテンツがあふれるようになりました。多くの企業が自社のWebサイト上で動画コンテンツを公開していますが、グローバル展開をしている企業では、その動画に字幕をつけたい!というニーズが高まっています。

字幕翻訳のお見積もり

契約書やマニュアルなどの「文書」を翻訳する場合、1ワード(または1文字)ごとに定められた単価を適用して費用を見積もります。
一方、字幕翻訳の場合は、ほとんどの場合はお見積りの時点で「原稿」がないことから、動画で流れる音声を数値化する手段がありません。
動画5分あたり○○円~という風に、動画の長さに応じてお見積りすることが一般的です。

字幕翻訳の作業フロー

それでは、字幕翻訳の案件はどのような工程を進んでいくのでしょうか?動画がマーケティングコンテンツであっても、作業の流れは通常の映像翻訳と同じで以下の様な工程を踏みます。

  1. 音声の書き起こし
  2. 翻訳
  3. スポッティング
  4. 仮ミックスの作成

音声の書き起こしでは動画で流れる翻訳対象の音声をテキスト化します。
かつては人が耳で聞き取り、文字起こしをしていましたが、現在では自動音声認識の技術が活用されつつある工程です。
文字起こしされたテキストは翻訳の工程で翻訳者の手によって対象の言語に訳されます。
スポッティングとは映像と字幕のタイミングを合わせる作業で、箱割り、箱書きともいいます。
折角いい字幕翻訳が出来上がったとしても、動画と字幕のタイミングがずれてしまうと意味を成さなくなってしまうので、慎重な作業が求められます。
タイミングを合わせた後は、動画に出来上がった翻訳を入れ、仮ミックスを作成します。動画に字幕が入った状態の仮ミックスをお客様に確認してもらい、表現の変更や字幕位置の移動などの微調整を、お客様の指示に従いながら加えます。
こうして動画字幕は完成します。

字幕翻訳のルール

映像字幕翻訳の世界にはさまざまな独自のルールが存在します。
産業翻訳の業界でも、ある程度はこのルールに準拠しますが、お客様は映像関係の業界の方ではないため、そのようなルールを知らない場合が多いです。
そのため、作業時にはお客様にこれらのルールを説明しながら進めていくことになります。
産業翻訳業界では映像翻訳業界の厳しいルールにすべて準拠することを求められる訳ではないため、映像翻訳業界とは一線を画した、ある程度柔軟な対応が可能になります。

①1秒4文字ルール

字幕翻訳の最大の特徴として、1秒あたり4文字を基本とするルールがあります。
これは、子どもからお年寄りまでストレスなく読めるスピードがこの程度、ということで徐々に認識が固まってきたようです。字幕翻訳者の場合、この限られた文字数でいかに内容に即した言葉を選ぶかが醍醐味なのでしょう。

産業翻訳では、もちろん基本的にこのルールを踏まえますが、ルールの準拠を厳しく求めることはありません。B to B企業の場合、対象視聴者が取引相手のため、子どもやお年寄りが視聴者にいることは想定していません。また、外資系企業の製品やサービスには長い横文字が続くこともあるため、1秒4文字のルールに収めることがそもそも不可能な場合もあります。お客様は製品やサービスを知ってもらうために字幕を作成するので、ここだけはいくら文字が多くなっても致し方なし、と割り切ることになります。

②句読点

一般的に、字幕翻訳では句読点は使いません。
句読点の代用として、基本的に、読点は半角スペース、句点は全角スペースで表します。
お客様からのフィードバックで句読点を入れてお戻しいただくこともありますが、このルールを説明すると皆さん納得されます。
日本では、なるべく簡潔にということで生まれたルールだと思いますが、逆に英語の字幕では普通にカンマやピリオドが使用されているのは興味深いところです。

主流は短編動画!!

企業のグローバルマーケティングが進み、動画が世の中にあふれる様になると、今度はせっかく長い時間の映像を作っても最後まで見てもらえないという状況が多発するようになりました。
多忙な現代人が仕事の合間に1時間の映像を見るのは、よほどのモチベーションがなければ難しいのです。
そこで、だんだんと10分程度にまとめられたビデオが作られるようになり、今では5分以内が主流となっています。
導入編としてイメージビデオ風に1~2分程度の映像も多く作られています。
こうして、かつては1時間規模の長時間だった動画コンテンツがどんどん短くなっていったのです。
こういった変遷を見ると、いかに企業が動画コンテンツを見てもらうために工夫しているかがわかりますね。

関連記事

KIマーケティングチーム

KIマーケティングチーム

川村インターナショナルWebマーケティングチームです。開催予定セミナーやイベントの告知、ブログ運営などを担当しています。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

この記事がお役に立ったらシェアをお願いします!


人気記事ランキング

タグ

アーカイブ