翻訳・機械翻訳・ポストエディットなど翻訳に関連する情報を発信
catch-img

満員御礼!「機械翻訳・ポストエディット導入セミナ―」

2017年6月23日(金)に開催した「機械翻訳・ポストエディット導入セミナ―」は、満員御礼・大盛況のうちに終了しました。

本セミナーは二部構成で、弊社の森口と伊澤が講師を務めさせていただきました。

第一部:各機械翻訳エンジンの特長とKIのMTソリューション

第一部では、Googleのニューラル機械翻訳エンジン(GNMT)を中心に、各種機械翻訳エンジンの特長や導入方法をご紹介しました。

  • 「最近話題のGoogleニューラル機械翻訳は高品質と評判だが、これまでのRMT(ルールベース)、SMT(統計ベース)とは何が違うのか?」
  • 「MTはTRADOSなどCATツールとの連携は可能なのか?」
  • 「Googleニューラル機械翻訳を使う際には、どういうことに注意すればいいのか?」

といった、MTの有効活用に欠かせない課題をおりまぜながら、機械翻訳ソリューションに関する今後の展望をお話しました。

第二部:国際標準規格とポストエディットの品質基準

第二部では、国際標準規格(ISO 18587:2017)に基づいた翻訳ワークフローを参考に、ポストエディット時のターゲット品質基準についてお話しました。

近年、翻訳業界ではこれまで主流だった人手翻訳に代わり、機械翻訳+ポストエディットでの対応が急激に増えてきました。

しかし、ターゲットとなる品質基準が明確でないことから、プロジェクトを完遂できなかったり、継続的にサービスを提供できないという事態が相次いでおり、その解決のヒントとして、国際標準規格に基づいた翻訳ワークフロー(人手翻訳)と二種類のポストエディット(フルエディット、ライトエディット)の品質基準についてご紹介いたしました。

追加開催決定:次回は9月15日です!

第一部、第二部共に大変好評で、参加者の皆様から様々なフィードバックや感想をいただきました。

弊社では先にご紹介したGoogleニューラル機械翻訳をはじめ、7種類の機械翻訳エンジンの導入およびそれらを活用したソリューションを提供しています。 

機械翻訳の導入を検討されているお客様も、既に活用しているお客様も、ぜひ一度弊社にご相談ください。

なお本セミナーは、ご好評につき9月15日に追加開催を予定しております。

ご興味のある皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

現在のセミナー開催日はこちら

関連記事

KIマーケティングチーム

KIマーケティングチーム

川村インターナショナルWebマーケティングチームです。開催予定セミナーやイベントの告知、ブログ運営などを担当しています。

ホワイトペーパー

それ、機械翻訳で もっと簡単に(初級編)​- 資料請求フォーム

仕事上、英語は避けて通れない… グローバル化が進み、何かしらの翻訳作業を誰でも行っている時代です。そんな時だからこそ機械翻訳をおススメする理由についてご説明します。

機械翻訳をマニュアル翻訳に活用​- 資料請求フォーム

「機械翻訳はマニュアルに使えるのだろうか?」そんなお悩みを解決すべく、機械翻訳のメリット・デメリット、品質・費用・納期の具体例、活用のコツ、また機械翻訳導入におけるお客様の疑問にお答えします。

この記事がお役に立ったらシェアをお願いします!


人気記事ランキング

タグ

アーカイブ

 

ISO17100/JSAT 007
認証範囲:
以下の翻訳サービス(英日・日英)
①金融・経済・法務
②医療・医薬
③工学・科学技術

IS 632884/ISO 27001
※当社では、ISO17100に準拠した翻訳サービスを提供可能です。準拠サービスをご希望の場合は、ご依頼時にお申し付けください。