翻訳・機械翻訳・ポストエディットなど翻訳に関連する情報を発信するブログ

Original

翻訳者登録制度って何?業界・翻訳者に与える影響は?

 

翻訳者登録制度って何?業界・翻訳者に与える影響は?

 

2017年4月から、翻訳の業界に新しい制度が立ち上がります。「翻訳者登録制度」です。産業翻訳の第一線で活躍中のプロの翻訳者の方々から、「この制度は何?」とか「これを取らないと仕事がもらえないの?」といった質問を最近頻繁にいただくようになりました。この資格がないと仕事がもらえないというような類のモノではありませんが、少しだけ制度の紹介をしたいと思います。

1.もともとは国際標準規格ISO17100の要求事項から派生してできた制度

ISO17100は、2015年5月に発効された国際標準規格です。翻訳サービスの品質に直接影響を及ぼす翻訳プロセスのあらゆる側面に対する要求事項を規定した国際規格であり、国内でも翻訳サービス提供組織に対する第三者認証が既に始まっています。

日本規格協会のホームページ(2017年3月31日時点)によると26社の翻訳サービスプロバイダ(TSP)が認証を取得しています。

この規格では、翻訳者に対する要求事項(専門的力量)が明確に規定されており、翻訳者の資格と力量が重視されています。つまり、TSPはこれらの要求事項を満たす翻訳者に作業を依頼する必要があるのです。

たとえば、資格の項では、高等教育機関の学位や職務経験年数などの要求事項が記載されており、力量では「翻訳」、「テキスト形成」、「情報収集」、「文化」、「技術」、「ドメイン」に関する力量を持ち合わせていることを証明する必要があります。

主にこの2つの側面を第三者によって評価し、資格を認定する制度が「翻訳者登録制度」です。

2.翻訳者にとってどんなメリットがあるのか