2020/3/11 【出展イベント】第3回自動翻訳シンポジウム

種別 出展イベント・商品紹介
テーマ

有識者にご登壇いただき、自動翻訳と翻訳バンクの現在と今後について、ご講演いただきます。実用化されている最新の自動翻訳システムも展示します。

開催日時 2020年3月11日(水)15:00~17:00(受付:14:00~)※展示は14:00~18:30
主催者 総務省、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
会 場

コングレスクエア日本橋  (東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル)

定 員 400名 ※定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。
プログラム

14:00 - 18:30

■登壇者:

〇松尾 豊氏(東京大学 教授)
基調講演『若手・ベンチャーが引っ張る日本のAI』

〇隅田 英一郎氏(NICT フェロー)

講演『翻訳バンクの進捗・今後の計画』

〇岡崎 直観氏 (東京工業大学 教授)

講演『AIによる言語処理の革命』

商品展示
14:00 - 18:30

「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」
 

非商用利用に限定されていた国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の自動翻訳エンジン「みんなの自動翻訳@ TexTra®」を法人向け、個人向けに商用化。2019 年より自社の翻訳データを活用した「カスタム版」の提供を開始。
 

■主な特徴

①世界発信コンペティション(東京都主催) サービス部門特別賞受賞
②データの収集はしない、国産・国内限定運用のエンジンでセキュアに利用可能
③ NICT のソフトウェアアップデートに合わせてタイムリーに新バージョンを提供
④スターター、スモール、ラージの三種類のプランを用意
⑤オンプレミス導入も可能

懇親会

17:00-18:30

 シンポジウム終了後、登壇者を交えての懇親会を予定しております。

本セミナーは新型コロナウィルスの影響により、開催中止となりました。何卒ご了承ください。

みんなの自動翻訳@KI サービス紹介資料

「「翻訳バンク®」の枠組みを活用した次世代エンジンNTモデル搭載開始!誤訳・訳抜けを約30%低減さらなる高精度翻訳エンジンへ。

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

みんなの自動翻訳@KI(商用版)サービス資料

ビジネスパーソンのための中国語読解のコツ~その2~

業務に関わる文書が多言語化している昨今、中国語の文書に目を通す機会も増えてきたのではないでしょうか。今回は中国語と英語(または日本語)を比較し、似ているように見えて異なる点を解説します。

機械翻訳VS人手翻訳②

人手翻訳の未来は安泰?本記事では機械翻訳および人手翻訳それぞれの「利用シーン」と「激動の翻訳時代を駆け抜ける鍵」についてまとめました。

memoQトレンドレポート2020 ~ニューラル機械翻訳および翻訳メモリを使用したハイブリッドな翻訳ワークフロー~

memoQの「memoQ Trend Report 2020」では、翻訳技術と翻訳関連の分野に影響を与えると考えられる重要な開発についてトレンドを発表しています。本記事では「NMTと翻訳メモリ」についてご紹介します。

翻訳者トライアル合格への道 ③

翻訳会社にとって、翻訳者/チェッカーの増員と育成はまさに生命線。どの翻訳会社でも、新しい翻訳者の採用はもっとも優先度が高い業務として扱われています。今回は、実際のトライアルで注意すべき点について、第三弾をご紹介します。

日英翻訳関連の様々なサービスについて

翻訳会社では通常の「翻訳+チェック」以外にも様々なサービスを提供しています。本記事では日英翻訳に関連する、通常の翻訳以外のサービスについてご紹介します。