2020/3/11 【出展イベント】第3回自動翻訳シンポジウム

種別 出展イベント・商品紹介
テーマ

有識者にご登壇いただき、自動翻訳と翻訳バンクの現在と今後について、ご講演いただきます。実用化されている最新の自動翻訳システムも展示します。

開催日時 2020年3月11日(水)15:00~17:00(受付:14:00~)※展示は14:00~18:30
主催者 総務省、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
会 場

コングレスクエア日本橋  (東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル)

定 員 400名 ※定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。
プログラム

14:00 - 18:30

■登壇者:

〇松尾 豊氏(東京大学 教授)
基調講演『若手・ベンチャーが引っ張る日本のAI』

〇隅田 英一郎氏(NICT フェロー)

講演『翻訳バンクの進捗・今後の計画』

〇岡崎 直観氏 (東京工業大学 教授)

講演『AIによる言語処理の革命』

商品展示
14:00 - 18:30

「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」
 

非商用利用に限定されていた国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の自動翻訳エンジン「みんなの自動翻訳@ TexTra®」を法人向け、個人向けに商用化。2019 年より自社の翻訳データを活用した「カスタム版」の提供を開始。
 

■主な特徴

①世界発信コンペティション(東京都主催) サービス部門特別賞受賞
②データの収集はしない、国産・国内限定運用のエンジンでセキュアに利用可能
③ NICT のソフトウェアアップデートに合わせてタイムリーに新バージョンを提供
④スターター、スモール、ラージの三種類のプランを用意
⑤オンプレミス導入も可能

懇親会

17:00-18:30

 シンポジウム終了後、登壇者を交えての懇親会を予定しております。

本セミナーは新型コロナウィルスの影響により、開催中止となりました。何卒ご了承ください。

みんなの自動翻訳@KI サービス紹介資料

「翻訳バンク®」の枠組みを活用した国産ニューラル機械翻訳エンジンです。汎用、特許、金融エンジン全てが最新の「NT(次世代型)」エンジンに対応し、翻訳処理速度向上、訳抜け・流暢性もさらに向上しました。

API連携・プラグイン連携も多数。自社の翻訳環境に合わせた導入が実現できます。ぜひ資料をご覧ください。

みんなの自動翻訳@KI(商用版)サービス資料

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

国で異なる桁区切り ~翻訳と数字~

産業翻訳/IT 翻訳では、「数字」にまつわる用語や処理には特に注意しなければいけません。非常にトリッキーで間違いやすいものもあり、今回は、実際に翻訳業務の中で出会った数字にまつわる注意点をご紹介します。

翻訳会社についての豆知識 ~よくある質問⑦マニュアル翻訳と動画翻訳~

翻訳会社によく寄せられる質問に回答するシリーズ第七弾。今回は「マニュアル翻訳」と「字幕翻訳」についてご紹介します。

CATツールで使える正規表現・第3回

翻訳の現場で役に立つ正規表現を取り上げながら、基本的な正規表現について解説する連載、第3弾です。

その言葉、そのまま使っても大丈夫? BLM運動からみる差別用語の置き換えと翻訳時の注意点

2020年にBLM (Black Lives Matter)運動が活発化したことから、差別的と思われる言葉を避ける動きが出てきました。翻訳する際の注意点を、用語の例とともにご紹介します。

ポストエディットとは?人手翻訳との違いと翻訳効率アップの仕組み

弊社でポストエディット業務に携わる社員が、ポストエディットと機械翻訳の変遷、また人手翻訳との違いについてご紹介します。

JSAマーク
ISO17100/JSAT 007
認証範囲:
以下の翻訳サービス(英日・日英)
①金融・経済・法務
②医療・医薬
③工学・科学技術
ISO
IS 632884/ISO 27001
※当社では、ISO17100に準拠した翻訳サービスを提供可能です。
準拠サービスをご希望の場合は、ご依頼時にお申し付けください。
ページトップに戻る