2019/12/06【サポーター・出展】JSUG Conference 2019

種 別 サポーター・出展JSUG Conference 2019
テーマ 新しい時代に古い上着は似合わない。デジタルを身に纏い、未来に飛び出そう!

JSUGゴールドサポーターの川村インターナショナルは、「SAP S/4HANA移行時の翻訳作業をSAP専用機械翻訳エンジンと専任の翻訳者が支援するハイブリッド翻訳サービス」に関するブースを出展いたします。ブースまでぜひお越しくださいませ。
開催日時 2019年12月6日(金) 10:00 ~ 20:00
受付: 9:30 ~ 懇親会: 18:30 ~
参加費

事前登録制 無料

主催者 ジャパンSAP ユーザーグループ(JSUG)
協賛:SAPジャパン株式会社
会 場

シェラトン都ホテル東京 (東京・白金台)

〒108-8640 東京都港区白金台1-1-50

対 象

全てのJSUG会員
JSUGへの加入を検討中の方/SAPの導入を検討中の方


※JSUG会員でない方でも、体験参加していただくことが可能です。
ただし、当方で不適切と判断した場合には参加をお断りさせていただく場合がございます。
※一部セッションには参加制限がございます。

SAP関連翻訳に特化した、SAP翻訳認定会社である川村インターナショナルの利点

文書の特性・種類に応じて、SAP翻訳に特化した機械翻訳(SAP Translation Hub)をSAPランゲージサービスパートナーとして日本で初めて活用できる。
翻訳品質の違いとして現れる、SAP認定翻訳会社だけがアクセスできる専門用語データベース/UI検証画面など、いくつもの情報がある。 
など、SAP翻訳でお悩みございましたら是非ご覧ください。

(全13ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

Topic1  SAP ERP > S/4 HANA マイグレーション時の課題~大量に発生する文書とUI~
Topic2  翻訳品質の課題: 解決策~SAP 認定翻訳パートナーへの依頼~
Topic3  翻訳品質の違い=アクセスできる情報量の違い
Topic4  納期と予算の制約:解決策~機械翻訳の併用とカテゴリに応じた最適化~
Topic5  SAP 関連文書には SAP Translation Hub が最適
Topic6  アドオン開発の処理、UI 翻訳、多様なコンテンツの処理
Topic7  多言語化:解決策~各国で認定を受けた SAP パートナーの活用~


など

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

英語の訛りと方言研究室:イギリス編(訛り編)

多くの国と地域で話されている「英語」は、場所によって言い回しや訛りが大きく異なります。今回はイギリスで話されている英語の訛りと方言をご紹介します。

機械翻訳VS人手翻訳 番外編

機械翻訳は本当に使えるの?本記事では「品質」「費用」「納期」の観点から、機械翻訳の優位性をご紹介します。

翻訳会社の選び方:打診編

翻訳業務を経験したことのない場合、どのように翻訳会社を選べばよいのでしょうか。本記事では、翻訳業務経験のない方を対象に、翻訳会社を選ぶ際の基本的な流れをご紹介します。

「なぜか読みにくい」訳文の正体⑥言葉の呉越同舟

どうすれば自然な日本語に翻訳されるのでしょうか。「なぜか読みにくい」訳文の正体の第6回です。不自然な言葉の組み合わせを防ぐコツについてご紹介します。

翻訳者トライアル合格への道 ④ 評価編

翻訳会社にとって、翻訳者/チェッカーの増員と育成はまさに生命線。どの翻訳会社でも、新しい翻訳者の採用はもっとも優先度が高い業務として扱われています。最終回の今回は、実際のトライアルがどのように評価されるのかを解説します。