出展イベント情報

2019/10/9-11 【出展・登壇イベント】TCシンポジウム2019【京都開催】

種別 出展・登壇イベント・商品紹介
テーマ  「共に育つ」
ビジネス環境の変化の中、テクニカルコミュニケーション技術は、現代社会に不可欠な能力になってきています。情報を整理して、誤解のない情報を、対象者にあった形で提供することにより、コミュニケーションを活性化し、発信者と受信者が「共に育つ」ことを実現できると考え、2019年のテーマとして設定しました。
開催日時 2019年10月9日(水)・10日(木) 10:00~16:30(展示会は17:00まで)
2019年10月11日(金) 10:00~16:30(展示会は16:00まで)
主催者 一般財団法人テクニカルコミュニケ―タ―協会
会場

京都リサーチパーク
東地区:〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134
西地区:〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町90~94
 

<アクセス>

京都駅よりJR嵯峨野線(山陰線)2駅 丹波口駅下車 西へ徒歩5分
JR丹波口駅より西へ徒歩5分

特別セッション
10/10(木) 10:00-11:00

ポストエディターの素養と涵養
~国際標準のポストエディットを目指して~

 

■セッションの趣旨
機械翻訳の需要が高まるにつれポストエディットの重要性は増すが、ポスエディットの方法や、ポストエディターの教育方法の具体的な方法については、手探りの状態である。特に製品取扱説明書の翻訳においては、改訂された箇所の部分翻訳を行う場合が多く、翻訳メモリー等を使った確立しているワークフローがある状況において、機械翻訳(MT)とポストエディット(PE)を使って、どのような作業の改善が図れるのか具体的にイメージできないケースも多い。

本セッションはポストエディットを導入して翻訳業務を行うための、ワークフローの整備とポストエディターの素養と涵養について講義を行い、翻訳業務の作業性向上につながるヒントを提供する。
 

■セッションのポイント
・ ポストエディットとは何か
・ ISO18587 などの作業プロセス
・ ポストエディターの資格・技量
・ PE を活用するマニュアル翻訳のワークフロー改善
・ ポストエディター教育
・ PE の問題点、将来性、効率性
・ PE の中のプリエディット
 

講師    山田 優  関西大学 教授
企画担当者    岡 訓仁 アズビル(株)、広神 宜典(株)川村インターナショナル
形式    講義、ワークショップ
定員    30名
 

事例・研究発表
10/10(木) 11:30-12:30
日英機械翻訳前のプリエディット
~そのポイントとポストエディットによる補完~

 

■発表内容

ニューラル機械翻訳の登場により出力結果が大幅に改善されたとは言え、依然としてポストエディットによる負荷は大きい。これを軽減する一つの方法としてプリエディットがある。機械翻訳の出力結果が悪かった場合の原文を修正し、出力結果の改善を図るものだった。訳文に修正を加えるポストエディットに対して、プリエディットは原文に修正を加えるため、作業者に求められる能力は異なる。

本事例発表では、日英機械翻訳において、1)プリエディットによって機械翻訳出力をどこまで改善できるか、2)改善が不十分な場合にはどう対処すればよいのかを示し、3)実際にCAT ツールを使ってどのようにプリエディットするのかについて実例を交えながら共有する。
 

発表者:中安 裕志、星井 智 (株式会社川村インターナショナル)

TC関連商品紹介
10/09(水) 10:00-11:00

「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」
~国産ニューラル自動翻訳の商用版~


■発表内容

非商用利用に限定されていた国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の自動翻訳エンジン「みんなの自動翻訳@ TexTra®」を法人向け、個人向けに商用化。2019 年より自社の翻訳データを活用した「カスタム版」の提供を開始。
 

■主な特徴

①世界発信コンペティション(東京都主催) サービス部門特別賞受賞
②データの収集はしない、国産・国内限定運用のエンジンでセキュアに利用可能
③ NICT のソフトウェアアップデートに合わせてタイムリーに新バージョンを提供
④スターター、スモール、ラージの三種類のプランを用意
⑤オンプレミス導入も可能

発表者:伊澤 力(株式会社川村インターナショナル)

その他

TC協会のホームページから申し込み用紙をダウンロードして参加登録をしてください。

みんなの自動翻訳@KI サービス紹介資料

「翻訳バンク®」の枠組みを活用した国産機械翻訳エンジン。分野特化型エンジンが特長(汎用/特許/ライフサイエンス/IT)で、ユーザー数無制限です。オンプレ導入、CATツール連携、アダプテーション可能です。(全26ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

Topic1 商用版のサービス概要
Topic2 みんなが納得 3つの特長
Topic3 みんなの悩み 解決します
Topic4 価格表(SaaS/オンプレ)
Topic5 カスタム版のサービス概要
Topic6 個人版のサービス概要 など

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

日英翻訳 -読みやすい訳文作成のポイント

日英翻訳ではネイティブレベルの英語力と高い日本語の読解力が求められます。本記事では、日英翻訳の品質管理を担当する筆者が、英文作成のポイントをご紹介します。

はじめての翻訳依頼:クレーム編

はじめて翻訳を外注し翻訳物が納品された後、残念ながら期待した品質ではなかった場合、どのような対応をすれば良いでしょうか。また、短期間で、効率的にクローズさせるにはどのようにしたらよいでしょう。本記事では、はじめて翻訳を依頼する方を対象に、翻訳依頼のコツを簡単にまとめてみました。

機械翻訳の前にプリエディットを行って訳文がどのように変わるのか試してみた ~英日編~

機械が翻訳しやすいように原文を前もって編集することを「プリエディット」と呼び、今後機械翻訳のワークフローの一部として大きく発展する可能性のあるジャンルのひとつです。今回はプリエディットの可能性を探るべく検証を行いました。

翻訳を効率的に行う秘訣~memoQ 応用編~

CATツールの中でもその機能の多さを強みにシェアを伸ばしつつある「memoQ」について、知っていると少し得をするPM(プロジェクトマネージャー)向けの小技を4個紹介します。

翻訳に必要な調査力

翻訳で必要とされるスキルは語学力だけではありません。本記事では、翻訳時に必要な「調査力」についてご紹介します。