機械翻訳導入セミナ―

2019/10/7 機械翻訳導入セミナ― in関西 <満員御礼となりました>

 開催日時

2019年10月7日(月)

予定時間

開場・受付開始12:45

第一部 13:15-14:15

第二部 14:30ー15:30


※第一部、第二部いずれかのみの参加でも可能です。

主催者

株式会社川村インターナショナル

参加費 無料
会場

ネットカンファレンス大阪
大阪市淀川区宮原三丁目4番30号 ニッセイ新大阪ビル18階

会場案内図(PDFファイル)
 

<アクセス>

地下鉄御堂筋線新大阪駅4番出口より徒歩1分
JR新大阪駅西側、6番出口より北へ徒歩8分

定員 24名
対象者 機械翻訳の導入を検討している企業内担当者様

セミナー概要
第一部 

 

<初期検討者向け> 

「MTエンジンを選択する際に検討すべき6つのポイント

 

 

対象者
 

「機械翻訳を導入したい!」と考え、情報収集を開始した企業内担当者様
 

概要
 

機械翻訳を検討中の方に、意外に知られていない選定時の重要なポイントをご説明します。各種機械翻訳エンジンを導入支援している当社だからできるスペック比較を含めて、自社の要件に合わせた機械翻訳エンジンを選定する有用な情報を提供することを目的としています。 

  • 機械翻訳を活用すべき理由
  • 機械翻訳と自動翻訳について
  • 機械翻訳選定時に考慮するべき6つのポイント
  • 今後の注目ポイント
    - カスタマイゼーションとは
    - MLと知的財産法改定

品質・情報セキュリティ・費用など、機械翻訳エンジンの選定時に考慮すべき重要なポイントを説明します。

 

講師紹介

講師名  森口功造 (株式会社川村インターナショナル)

プロフィール

 

株式会社川村インターナショナル常務取締役。機械翻訳の活用と、翻訳関連トピックの国際標準化を活動の中心に置いている。日本翻訳連盟理事。アジア太平洋機械翻訳協会理事。
 

第二部 
 

<比較検討中の方向け> 


「機械翻訳ソリューションの紹介+導入事例」

対象者
 

機械翻訳導入を検討している企業内担当者様


概要

 

当社で取り扱っている機械翻訳エンジンの特徴を説明し、強み・弱みを交えて情報提供いたします。

 

①   「Translation Designer」


Google/Microsoft/みんなの自動翻訳@KI(商用版)を選択可能なシンプルな機械翻訳エンジン。英語があまり得意でない、あるいは多言語翻訳の内容把握が必要な方向けのシンプル+αのソリューションを他社の導入事例を交えてご紹介します。

 

②   「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発した「みんなの自動翻訳@Textra」の商用版。高い情報セキュリティ性、高品質、多彩な利用方法、「翻訳バンク」を利用したカスタマイズオプションなどについて導入事例を交えて説明します。

 

③   「Globalese 3.5」

オンプレ導入可能な元祖ドメインアダプテーション機械翻訳エンジンの紹介。DeepL/Googleを抑えてまで、欧州の翻訳プロフェッショナルに受け入れられる理由と3.5から実装された新機能について説明します。

 

④   その他の機械翻訳エンジン


講師紹介

 

 

講師名  葉山 薫(株式会社川村インターナショナル)
 

 
その他

※第一部、第二部いずれかのみの参加でも可能です。 

既に当社とお取引のあるお客様は、営業担当にご連絡いただければ、お席を確保することも可能です。お気軽にお問い合わせください。

 

※法人企業様向けのセミナーになります。競合他社様および個人の方のご参加はお断りさせていただいております。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

みんなの自動翻訳@KI サービス紹介資料

「翻訳バンク®」の枠組みを活用した国産機械翻訳エンジン。分野特化型エンジンが特長(汎用/特許/ライフサイエンス/IT)で、ユーザー数無制限です。オンプレ導入、CATツール連携、アダプテーション可能です。(全26ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

Topic1 商用版のサービス概要
Topic2 みんなが納得 3つの特長
Topic3 みんなの悩み 解決します
Topic4 価格表(SaaS/オンプレ)
Topic5 カスタム版のサービス概要
Topic6 個人版のサービス概要 など

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

機械翻訳の前にプリエディットを行って訳文がどのように変わるのか試してみた ~英日編~

機械が翻訳しやすいように原文を前もって編集することを「プリエディット」と呼び、今後機械翻訳のワークフローの一部として大きく発展する可能性のあるジャンルのひとつです。今回はプリエディットの可能性を探るべく検証を行いました。

【対談】機械翻訳活用時に必要な視点⑧ 機械翻訳活用に欠かせない視点

「機械翻訳活用に欠かせない視点」人手の翻訳でできることと機械にできることの違いをよく理解し、分野や用途に応じて柔軟に機械を活用することが望ましいが、その判断のポイントについて、エヌ・アイ・ティー株式会社の代表取締役社長、新田順也さんと意見交換をさせていただいた。

【対談】機械翻訳活用時に必要な視点⑦プリエディットについて

「プリエディットについて」人手の翻訳でできることと機械にできることの違いをよく理解し、分野や用途に応じて柔軟に機械を活用することが望ましいが、その判断のポイントについて、エヌ・アイ・ティー株式会社の代表取締役社長、新田順也さんと意見交換をさせていただいた。

【対談】機械翻訳活用時に必要な視点⑥機械による支援が正しい形

「機械による支援が正しい形」人手の翻訳でできることと機械にできることの違いをよく理解し、分野や用途に応じて柔軟に機械を活用することが望ましいが、その判断のポイントについて、エヌ・アイ・ティー株式会社の代表取締役社長、新田順也さんと意見交換をさせていただいた。

【対談】機械翻訳活用時に必要な視点⑤機械翻訳との付き合い方

「機械翻訳との付き合い方」人手の翻訳でできることと機械にできることの違いをよく理解し、分野や用途に応じて柔軟に機械を活用することが望ましいが、その判断のポイントについて、エヌ・アイ・ティー株式会社の代表取締役社長、新田順也さんと意見交換をさせていただいた。