【出展イベント】多言語対応・ICT化推進フォーラム

種別 出展イベント 
開催日時 2019年12月24日(火)10:00~17:00(10:00~受付開始)
予定時間

10:00~17:00

主催者

2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会

会場

東京国際フォーラム ホールB5・B7

東京都千代田区丸の内3-5-1

内容

東京2020大会に向けて多言語対応の推進・強化を図るため「多言語対応・ICT化推進フォーラム」を開催。多言語対応に資するツールや最新のICT機器等を紹介します。

・主催者挨拶、基調講演、セミナー、パネルディスカッション
・多言語対応等に関するICT最新技術 の展示

 参加申込 以下のURLから 令和元 年 12月 20 日(金)までにお申し込みください。要事前申込
https://www.tagengo-2020.com

みんなの自動翻訳@KI サービス紹介資料

「「翻訳バンク®」の枠組みを活用した次世代エンジンNTモデル搭載開始!誤訳・訳抜けを約30%低減さらなる高精度翻訳エンジンへ。

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

みんなの自動翻訳@KI(商用版)サービス資料

ビジネスパーソンのための中国語読解のコツ~その2~

業務に関わる文書が多言語化している昨今、中国語の文書に目を通す機会も増えてきたのではないでしょうか。今回は中国語と英語(または日本語)を比較し、似ているように見えて異なる点を解説します。

機械翻訳VS人手翻訳②

人手翻訳の未来は安泰?本記事では機械翻訳および人手翻訳それぞれの「利用シーン」と「激動の翻訳時代を駆け抜ける鍵」についてまとめました。

memoQトレンドレポート2020 ~ニューラル機械翻訳および翻訳メモリを使用したハイブリッドな翻訳ワークフロー~

memoQの「memoQ Trend Report 2020」では、翻訳技術と翻訳関連の分野に影響を与えると考えられる重要な開発についてトレンドを発表しています。本記事では「NMTと翻訳メモリ」についてご紹介します。

翻訳者トライアル合格への道 ③

翻訳会社にとって、翻訳者/チェッカーの増員と育成はまさに生命線。どの翻訳会社でも、新しい翻訳者の採用はもっとも優先度が高い業務として扱われています。今回は、実際のトライアルで注意すべき点について、第三弾をご紹介します。

日英翻訳関連の様々なサービスについて

翻訳会社では通常の「翻訳+チェック」以外にも様々なサービスを提供しています。本記事では日英翻訳に関連する、通常の翻訳以外のサービスについてご紹介します。