企画担当イベント情報

2018/10/5 【企画担当イベント】テクニカルコミュニケーションシンポジウム2018 京都開催

種別 企画担当イベント 特別セッション(講義)
開催日時 2018年10月5日(金)
予定時間

14:00 - 16:30

主催者 一般財団法人テクニカルコミュニケ―タ―協会
会場

〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134
サイエンスセンタービル
京都リサーチパーク 


<アクセス>

JR嵯峨野線(山陰線)丹波口駅より西へ徒歩5分

「翻訳チェックの組み立て方と考え方
~翻訳チェックの位置付けとヒューマンエラーへの対応~」

内容    
■講義の趣旨
翻訳品質保証に関わる全工程のうち、翻訳チェックはその一部を担っているに過ぎない。しかし、顧客へ翻訳物を納品する前の最終品質確認工程であり、品質保証の面でその役目は重要である。
当セッションでは、翻訳品質保証において翻訳チェックをどう位置付けるのか、翻訳チェック内 容はどのように決定され、どのように工程を組み立てるのか、また、どのようなチェック方法や組み合わせがミスの検出力を高め、またヒューマンエラーを防げるのかなど、翻訳の現場が抱える悩みについて、ひとつの対応事例を紹介する。本セッションは、TC 協会と日本翻訳連盟(JTF)との共同企画です。

■講義のポイント
①翻訳品質保証に要求される全体像把握
②翻訳品質保証と翻訳チェックの関係
③翻訳チェック内容が決められる背景
④翻訳チェックの種類と判断基準とするもの
⑤翻訳不良を見逃すメカニズム
⑥ヒューマンエラーへのアプローチ
⑦翻訳チェック方法の考え方とフローの考え方

 

登壇者

【講師】
  齊藤 貴昭 (一般社団法人 日本翻訳連盟理事)

【企画担当】 

  安達 久博 (株式会社サン・フレア) 
  広神 宜典 (株式会社川村インターナショナル)

その他

TC協会のホームページから申し込み用紙をダウンロードして参加登録をしてください。

品質向上のために川村インターナショナルが実践している5つのこと

翻訳サービスの ISO17100と情報セキュリティに関するISO27001(ISMS認証)の認証取得企業の川村インターナショナルが取り組んでいる品質管理について、ご興味がある方は是非ご覧ください。
(全12ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

  • 川村インターナショナルが実践している5つのこと
  • 具体的な活動
  • ご理解いただきたいこと

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

翻訳会社の選び方:打診編

翻訳業務を経験したことのない場合、どのように翻訳会社を選べばよいのでしょうか。本記事では、翻訳業務経験のない方を対象に、翻訳会社を選ぶ際の基本的な流れをご紹介します。

「なぜか読みにくい」訳文の正体⑥言葉の呉越同舟

どうすれば自然な日本語に翻訳されるのでしょうか。「なぜか読みにくい」訳文の正体の第6回です。不自然な言葉の組み合わせを防ぐコツについてご紹介します。

翻訳者トライアル合格への道 ④ 評価編

翻訳会社にとって、翻訳者/チェッカーの増員と育成はまさに生命線。どの翻訳会社でも、新しい翻訳者の採用はもっとも優先度が高い業務として扱われています。最終回の今回は、実際のトライアルがどのように評価されるのかを解説します。

ITから産業翻訳へ~活かせるナレッジは無限大~

IT業界から転職した筆者の体験をもとに、IT関連のナレッジや経験を生かすことができる「産業翻訳」の世界をご紹介します。

文の類似度を計算する方法

機械翻訳の翻訳性能を評価するにはどのような方法があるのでしょうか?本記事では、原文と逆翻訳文の類似度を計算する2つの方法をご紹介します。