企画担当イベント情報

2018/10/5 【企画担当イベント】テクニカルコミュニケーションシンポジウム2018 京都開催

種別 企画担当イベント 特別セッション(講義)
開催日時 2018年10月5日(金)
予定時間

14:00 - 16:30

主催者 一般財団法人テクニカルコミュニケ―タ―協会
会場

〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134
サイエンスセンタービル
京都リサーチパーク 


<アクセス>

JR嵯峨野線(山陰線)丹波口駅より西へ徒歩5分

「翻訳チェックの組み立て方と考え方
~翻訳チェックの位置付けとヒューマンエラーへの対応~」

内容    
■講義の趣旨
翻訳品質保証に関わる全工程のうち、翻訳チェックはその一部を担っているに過ぎない。しかし、顧客へ翻訳物を納品する前の最終品質確認工程であり、品質保証の面でその役目は重要である。
当セッションでは、翻訳品質保証において翻訳チェックをどう位置付けるのか、翻訳チェック内 容はどのように決定され、どのように工程を組み立てるのか、また、どのようなチェック方法や組み合わせがミスの検出力を高め、またヒューマンエラーを防げるのかなど、翻訳の現場が抱える悩みについて、ひとつの対応事例を紹介する。本セッションは、TC 協会と日本翻訳連盟(JTF)との共同企画です。

■講義のポイント
①翻訳品質保証に要求される全体像把握
②翻訳品質保証と翻訳チェックの関係
③翻訳チェック内容が決められる背景
④翻訳チェックの種類と判断基準とするもの
⑤翻訳不良を見逃すメカニズム
⑥ヒューマンエラーへのアプローチ
⑦翻訳チェック方法の考え方とフローの考え方

 

登壇者

【講師】
  齊藤 貴昭 (一般社団法人 日本翻訳連盟理事)

【企画担当】 

  安達 久博 (株式会社サン・フレア) 
  広神 宜典 (株式会社川村インターナショナル)

その他

TC協会のホームページから申し込み用紙をダウンロードして参加登録をしてください。

品質向上のために川村インターナショナルが実践している5つのこと

翻訳サービスの ISO17100と情報セキュリティに関するISO27001(ISMS認証)の認証取得企業の川村インターナショナルが取り組んでいる品質管理について、ご興味がある方は是非ご覧ください。
(全12ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

  • 川村インターナショナルが実践している5つのこと
  • 具体的な活動
  • ご理解いただきたいこと

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

機械翻訳の前にプリエディットを行って訳文がどのように変わるのか試してみた ~英日編~

機械が翻訳しやすいように原文を前もって編集することを「プリエディット」と呼び、今後機械翻訳のワークフローの一部として大きく発展する可能性のあるジャンルのひとつです。今回はプリエディットの可能性を探るべく検証を行いました。

翻訳を効率的に行う秘訣~memoQ 応用編~

CATツールの中でもその機能の多さを強みにシェアを伸ばしつつある「memoQ」について、知っていると少し得をするPM(プロジェクトマネージャー)向けの小技を4個紹介します。

翻訳に必要な調査力

翻訳で必要とされるスキルは語学力だけではありません。本記事では、翻訳時に必要な「調査力」についてご紹介します。

クロアチア語~クロアチアの歴史と言語背景~

「アドリア海の真珠」と呼ばれるドゥブロヴニクなどの都市を中心に、観光地としても有名な国「クロアチア」。今回はクロアチア語とセルビア語の違いについてご紹介します。

ビジネスパーソンのための中国語読解のコツ

業務に関わる文書が多言語化している昨今、中国語の文書に目を通す機会も増えてきたのではないでしょうか。本記事では、英語の読解スキルを元にした中国語読解のコツをご紹介します。