企画担当イベント情報

2018/10/5 【企画担当イベント】テクニカルコミュニケーションシンポジウム2018 京都開催

種別 企画担当イベント 特別セッション(講義、ワークショップ)
開催日時 2018年10月5日(金)
予定時間

10:00 - 12:30

主催者 一般財団法人テクニカルコミュニケ―タ―協会
会場

〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134
サイエンスセンタービル
京都リサーチパーク 


<アクセス>

JR嵯峨野線(山陰線)丹波口駅より西へ徒歩5分

「マルチデバイス、機械翻訳時代の文書の作り方を学ぶ」

■講義の趣旨
効率化を担う目的としていたはずのDITA などのXML 系アーキテクチャーが複雑化して、その学習コスト、執筆担当者への負担が意識されるようになっている。同じ課題に直面したソフトウェア開発者の間では、軽量マークアップ言語であるMarkdown 記法の活用が広まってきた。今や開発文書やヘルプ、ブログやウェブサイトなど幅広いコンテンツ制作の作成に使われている。
Markdown 記法はそのシンプルな記法から学習コスト、執筆担当者への負担が軽いのが特徴で、執筆に際してライティングに集中する事ができる。機械翻訳とも相性がよいので機械翻訳の利用を前提とした翻訳元原稿の作成にも適している。
本セッションでは、Markdown 記法について学び、様々なデバイスに適切なレイアウトで表示するレスポンシブウェブヘルプを作成する過程をレクチャーする。

■講義のポイント
① Markdown 記法の登場と拡大の背景
② Markdown 記法の基礎
③レスポンシブウェブとは何か
④ Markdown 記法の活用事例紹介

※当セッションで使用するPC は協会事務局で準備いたします。手配するPC の台数の都合上、お席に限りがあることをご承知おきください。

登壇者

【講師】
  近澤 良 (株式会社Locki)

【企画担当】  
  森口 功造(株式会社川村インターナショナル)

その他

TC協会のホームページから申し込み用紙をダウンロードして参加登録をしてください。

品質向上のために川村インターナショナルが実践している5つのこと

翻訳サービスの ISO17100と情報セキュリティに関するISO27001(ISMS認証)の認証取得企業の川村インターナショナルが取り組んでいる品質管理について、ご興味がある方は是非ご覧ください。
(全12ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

  • 川村インターナショナルが実践している5つのこと
  • 具体的な活動
  • ご理解いただきたいこと

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

翻訳会社の選び方:打診編

翻訳業務を経験したことのない場合、どのように翻訳会社を選べばよいのでしょうか。本記事では、翻訳業務経験のない方を対象に、翻訳会社を選ぶ際の基本的な流れをご紹介します。

「なぜか読みにくい」訳文の正体⑥言葉の呉越同舟

どうすれば自然な日本語に翻訳されるのでしょうか。「なぜか読みにくい」訳文の正体の第6回です。不自然な言葉の組み合わせを防ぐコツについてご紹介します。

翻訳者トライアル合格への道 ④ 評価編

翻訳会社にとって、翻訳者/チェッカーの増員と育成はまさに生命線。どの翻訳会社でも、新しい翻訳者の採用はもっとも優先度が高い業務として扱われています。最終回の今回は、実際のトライアルがどのように評価されるのかを解説します。

ITから産業翻訳へ~活かせるナレッジは無限大~

IT業界から転職した筆者の体験をもとに、IT関連のナレッジや経験を生かすことができる「産業翻訳」の世界をご紹介します。

文の類似度を計算する方法

機械翻訳の翻訳性能を評価するにはどのような方法があるのでしょうか?本記事では、原文と逆翻訳文の類似度を計算する2つの方法をご紹介します。