登壇イベント情報

2018/8/29 【登壇イベント】テクニカルコミュニケーションシンポジウム2017

種別 登壇イベント 事例・研究発表(2)
開催日時 2018年8月29日(水)
予定時間

15:30 - 16:30

主催者 一般財団法人テクニカルコミュニケ―タ―協会
会場

東京学芸大学 小金井キャンパス N302 教室 
東京都小金井市貫井北町4-1-1

<アクセス>

JR中央線快速武蔵小金井駅
  - 徒歩20分
  - 京王バス「小平団地」行き「学芸大学正門」下車
JR中央線快速国分寺駅
   -徒歩20分

概要

「日英自動翻訳(NMT)のエラー特徴
~自動翻訳の限界と人手による補完のポイント~」

 

■発表内容
ニューラルネット自動翻訳の登場により出力結果に大幅な改善が見られ、日本語から英語への自動翻訳活用が注目されている。一方で、自動翻訳の出力結果をそのまま公開するにはさまざまな課題があり、ポストエディットに対するニーズも高まっている。本事例研究発表では、日英のポストエディットをする上で判明した日英自動翻訳のエラーの特徴について、実際の案件の事例を交えて共有する。結果として、日本語から英語のポストエディットの生産性がどのように変化したかを検証する。

発表者


  鈴木 光、中安 裕志(株式会社川村インターナショナル)

 

その他

TC協会のホームページから申し込み用紙をダウンロードして参加登録をしてください。

品質向上のために川村インターナショナルが実践している5つのこと

川村インターナショナルが取り組んでいる品質管理について、ご興味がある方は是非ご覧ください。
(全12ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

  • 川村インターナショナルが実践している5つのこと
  • 具体的な活動
  • ご理解いただきたいこと

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

原文が同じでもこれだけ違う!人によって異なる「翻訳品種」とは?

翻訳品質の評価基準は、誤訳や訳抜けがない、用語集やスタイルガイドに準拠している、日本語として自然である、などの他に「お客様ごとに異なる用途や分野、好みなどの要求事項」を満たす必要があります。この要求事項は非常に重要で、事項によって出来上がる訳文が全く変わってしまう場合があります。本記事では「翻訳品種」の重要性について、具体例を挙げながら解説します。

翻訳を効率的に行う秘訣~CATツール編~

IT化が進む世の中で、翻訳業務にもITが導入され、効率化が急速に進んでいます。本記事では、翻訳業務の効率化、コスト削減、そして高品質の維持に大きく貢献するCATツール(翻訳支援ツール)について、機械翻訳との互換性を含め、ご紹介します。

【特別連載】科学技術と言葉 vol. 2 ~研究活動とプロジェクト~

創薬に関わる研究者は、一日の大半を研究室で過ごし、日々研究に没頭します。 しかし、その研究活動における最も重要な要素の一つが、実は「言葉」であることはあまり知られていません。 研究活動の始まりから、実施、検証、そして完結までの一連の作業と、言葉との関わりについて連載します。

ポストエディットと人手翻訳の違い~賢い使い分け~

ポストエディットと、従来の機械翻訳を介さない人手翻訳は、どのように違うのでしょうか。この記事では、ポストエディットと人手翻訳の違いを、それぞれの活用できるシーンに注目してご紹介いたします。

グローバルマーケティングとローカライゼーション、 翻訳はどうなるの?

企業のグローバル化が急速に進む中で、「地球全体を一つの市場として捉えるマーケティング戦略」であるグローバルマーケティングが広まってきています。このグローバルマーケティングとは、どのようなものなのでしょうか?翻訳の目線から、実例を交えつつ、その実態やメリット/デメリットをご紹介します。