企画担当イベント情報

2018/8/27 【企画担当イベント】テクニカルコミュニケーションシンポジウム2018 JTCA × JTF コラボレーション企画

種別 企画担当イベント パネルディスカッション
開催日時 2018年8月27日(月)
予定時間

10:15 - 12:15

主催者 一般財団法人テクニカルコミュニケ―タ―協会
会場

東京学芸大学 小金井キャンパス N410 教室 
東京都小金井市貫井北町4-1-1

<アクセス>

JR中央線快速武蔵小金井駅
  - 徒歩20分
  - 京王バス「小平団地」行き「学芸大学正門」下車
JR中央線快速国分寺駅
   -徒歩20分

概要


「機械翻訳の活用と、生産性の向上
~生産性を上げるために本当に必要なこと~」

 

■ディスカッションの趣旨
ニューラルネットの登場で、日英間の機械翻訳の精度は格段に向上し、「使える」という感覚がユーザー側にも芽生えてきている。一方で、実際に活用しようとすると、様々な課題があることが分かってきている。本パネルでは、機械翻訳の活用に舵を切った方々に一例を紹介いただき、有効活用ができるポイントと、できないポイントについて情報共有をいただく。
・機械翻訳を活用するために本当に必要なものは何なのか

・より精度の高い機械翻訳エンジンなのか
・高レベルの演算処理ができるソフトウェアリソースなのか
・言語的資産の有効活用なのか
・または作業者のマインドセットなのか
これらのことについてディスカッションをしたい。
本パネルは、TC 協会と日本翻訳連盟(JTF)との共同企画です。

■ディスカッションのポイント
・自社における機械翻訳活用の事例
・自動翻訳でできること・できないこと

登壇者

【コーディネーター】
   安達 久博 (株式会社サン・フレア)

【パネリスト】
  梶木 正紀 (株式会社 MK 翻訳事務所)
  佐野 栄司 (SAP ジャパン 株式会社)
【企画担当】  
  森口 功造(株式会社川村インターナショナル)

その他

TC協会のホームページから申し込み用紙をダウンロードして参加登録をしてください。

品質向上のために川村インターナショナルが実践している5つのこと

川村インターナショナルが取り組んでいる品質管理について、ご興味がある方は是非ご覧ください。
(全12ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

  • 川村インターナショナルが実践している5つのこと
  • 具体的な活動
  • ご理解いただきたいこと

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

グローバルマーケティングとローカライゼーション、 翻訳はどうなるの?

企業のグローバル化が急速に進む中で、「地球全体を一つの市場として捉えるマーケティング戦略」であるグローバルマーケティングが広まってきています。このグローバルマーケティングとは、どのようなものなのでしょうか?翻訳の目線から、実例を交えつつ、その実態やメリット/デメリットをご紹介します。

翻訳会社との上手な付き合い方 ~品質と納期~

翻訳を発注したいけれど、どのように翻訳会社を選べばいいのか、何を準備したらよいか、費用や納期はどれくらいなのかわからない……そんな疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。 翻訳会社選びのポイントや翻訳発注時のヒントなど、翻訳会社との上手な付き合い方について考えます。

【特別対談】翻訳品質と標準化 ⑥

川村インターナショナルの広報誌VOICE2018年夏号の特別対談企画⑥です。「翻訳品質と標準化」と題しまして、翻訳における品質管理について考察します。

【特別対談】翻訳品質と標準化 ⑤

川村インターナショナルの広報誌VOICE2018年夏号の特別対談企画⑤です。「翻訳品質と標準化」と題しまして、翻訳における品質管理について考察します。

【特別対談】翻訳品質と標準化 ④

川村インターナショナルの広報誌VOICE2018年夏号の特別対談企画④です。「翻訳品質と標準化」と題しまして、翻訳における品質管理について考察します。