出展イベント情報

2018/12/20【出展イベント】多言語対応・ICT化推進フォーラム

種別 出展イベント 
開催日時 2018年12月20日(木)
予定時間

10:45~16:45(10:30~受付開始)

主催者 2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会
会場

 

有楽町インフォス(旧1000days劇場) 
東京都千代田区丸の内3-8-3



内容

 

 

◆基調講演

 「外国人の生の声!これから取り組んで欲しい多言語対応」 
  講師:セイン・カミュ氏


観光・サービス、小売、防災、医療、交通分野の多言語対応の取組に関するセミナー

日本政府観光局、北海道庁、京浜急行電鉄株式会社などによるセミナーを11プログラム実施予定


小売分野に関するパネルディスカッション
 

多言語対応等に関するICT の展示(約30団体出展予定)

多言語音声翻訳機、多言語音声翻訳アプリ、多言語翻訳放送などをご紹介予定

 

★入場無料

但し、基調講演、セミナー、パネルディスカッションに参加の場合は事前申し込みが必要になります。(申し込みは12/18まで)

https://comm.stage.ac/tagengo/

 

 

その他

 

みんなの自動翻訳(商用版)

翻訳バンクを活用した国産ニューラル機械翻訳エンジン「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」の概要資料です。

(全17ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

Topic1 みんなで活用 商用版
Topic2 みんなが納得 3つの特長
Topic3 みんなの悩み 解決します
Topic4 価格表&有料オプション

など

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

機械翻訳の前にプリエディットを行って訳文がどのように変わるのか試してみた ~英日編~

機械が翻訳しやすいように原文を前もって編集することを「プリエディット」と呼び、今後機械翻訳のワークフローの一部として大きく発展する可能性のあるジャンルのひとつです。今回はプリエディットの可能性を探るべく検証を行いました。

翻訳を効率的に行う秘訣~memoQ 応用編~

CATツールの中でもその機能の多さを強みにシェアを伸ばしつつある「memoQ」について、知っていると少し得をするPM(プロジェクトマネージャー)向けの小技を4個紹介します。

翻訳に必要な調査力

翻訳で必要とされるスキルは語学力だけではありません。本記事では、翻訳時に必要な「調査力」についてご紹介します。

クロアチア語~クロアチアの歴史と言語背景~

「アドリア海の真珠」と呼ばれるドゥブロヴニクなどの都市を中心に、観光地としても有名な国「クロアチア」。今回はクロアチア語とセルビア語の違いについてご紹介します。

ビジネスパーソンのための中国語読解のコツ

業務に関わる文書が多言語化している昨今、中国語の文書に目を通す機会も増えてきたのではないでしょうか。本記事では、英語の読解スキルを元にした中国語読解のコツをご紹介します。