登壇イベント情報

10/6 【登壇イベント】テクニカルコミュニケーションシンポジウム 京都 2017

種別 登壇イベント パネルディスカッション
開催日時 2017年10月6日(木)
予定時間

14:00 - 16:30

主催者 一般財団法人テクニカルコミュニケ―タ―協会
会場

京都リサーチパーク
京都府京都市下京区中堂寺南町134サイエンスセンタービル

<アクセス>

JR嵯峨野線(山陰線)丹波口駅
  - 徒歩3分

 

概要

「BtoB製品マニュアルの翻訳のポイント」
~技術翻訳に不可欠な要素とは?~

 

ディスカッションの趣旨

日本のメーカーがその製品を海外展開していくにあたり「翻訳」は製品の技術情報、機能、取扱い方法を正しく伝える重要な工程である。その一方で、翻訳者の製品・業界に関する知識不足が原因で誤った情報が発信されてしまう危険をはらむ工程でもある。日本企業が世界に誇る製品の技術情報を正確に、明快に、簡潔に海外に発信するためには何が必要か?翻訳品質の向上(技術用語の重要性)、それに関わる翻訳者、コーディネーター(テクニカルライター)のプレゼンスを語るパネルディスカッション。

ディスカッションのポイント

正確でわかりやすい翻訳を導き出すには何が必要か。BtoB 製品のマニュアルを例として、メーカー、制作会社の取組み、翻訳者の専門的力量に焦点をあて品質改善策を探っていく。

 

登壇者

【コーディネーター】
森口 功造 (株式会社川村インターナショナル)

【パネリスト】

久保田 正 アズビル(株)
小松原 薫 アベイズム(株)
白木 利幸 ヤマハ発動機(株

その他

TC協会のホームページから申し込み用紙をダウンロードして参加登録をしてください。

品質向上のために川村インターナショナルが実践している5つのこと

川村インターナショナルが取り組んでいる品質管理について、ご興味がある方は是非ご覧ください。
(全12ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

  • 川村インターナショナルが実践している5つのこと
  • 具体的な活動
  • ご理解いただきたいこと

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

【特別鼎談企画】これからの翻訳業界(10の質問)⑧

「これからの翻訳業界」これからの翻訳業界、あるいは自社の取り組みについて伺いました。

【特別鼎談企画】これからの翻訳業界(10の質問)⑦

「働き方改革」AI活用や働き方改革が叫ばれる中で、取り組みたいと思われていることについて伺いました。

【特別鼎談企画】これからの翻訳業界(10の質問)⑥

「今後の人材確保」この業界も高齢化社会を迎え、今後の人材確保が深刻な問題になる恐れがあります。こうした問題の対処について伺いました。

【特別鼎談企画】これからの翻訳業界(10の質問)⑤

「翻訳作業時間の減少」翻訳白書の中で一日の平均的な翻訳作業時間の減少が伺えます。原因は何か?について伺いました。

【特別鼎談企画】これからの翻訳業界(10の質問)④

「今後若い世代の翻訳者の参入は」若い世代が参入できていないとすると、どこに問題があるのかについて伺いました。