イベント情報【商品展示】

8/18 - 22  MT summit XVI

種別 商品展示
開催日時 2017年9月18日 - 22日
予定時間 12:30-16:00
主催者

アジア太平洋機械翻訳協会(AAMT)

参加費 有料 (MT summit XVI のホームページからご確認ください)
会場

豊田講堂(名古屋大学東山キャンパス)

(〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町)
 

●名古屋市営地下鉄

地下鉄名城線 名古屋大学駅よりすぐ。

その他

本出展はMT summit XVI の会場で開催されます。

スケジュールおよび申し込み方法はMT summite XVIのホームページをご参照ください。

http://aamt.info/app-def/S-102/mtsummit/2017/

品質向上のために川村インターナショナルが実践している5つのこと

翻訳サービスの ISO17100と情報セキュリティに関するISO27001(ISMS認証)の認証取得企業の川村インターナショナルが取り組んでいる品質管理について、ご興味がある方は是非ご覧ください。
(全12ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

  • 川村インターナショナルが実践している5つのこと
  • 具体的な活動
  • ご理解いただきたいこと

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

機械翻訳の前にプリエディットを行って訳文がどのように変わるのか試してみた ~英日編~

機械が翻訳しやすいように原文を前もって編集することを「プリエディット」と呼び、今後機械翻訳のワークフローの一部として大きく発展する可能性のあるジャンルのひとつです。今回はプリエディットの可能性を探るべく検証を行いました。

【対談】機械翻訳活用時に必要な視点⑧ 機械翻訳活用に欠かせない視点

「機械翻訳活用に欠かせない視点」人手の翻訳でできることと機械にできることの違いをよく理解し、分野や用途に応じて柔軟に機械を活用することが望ましいが、その判断のポイントについて、エヌ・アイ・ティー株式会社の代表取締役社長、新田順也さんと意見交換をさせていただいた。

【対談】機械翻訳活用時に必要な視点⑦プリエディットについて

「プリエディットについて」人手の翻訳でできることと機械にできることの違いをよく理解し、分野や用途に応じて柔軟に機械を活用することが望ましいが、その判断のポイントについて、エヌ・アイ・ティー株式会社の代表取締役社長、新田順也さんと意見交換をさせていただいた。

【対談】機械翻訳活用時に必要な視点⑥機械による支援が正しい形

「機械による支援が正しい形」人手の翻訳でできることと機械にできることの違いをよく理解し、分野や用途に応じて柔軟に機械を活用することが望ましいが、その判断のポイントについて、エヌ・アイ・ティー株式会社の代表取締役社長、新田順也さんと意見交換をさせていただいた。

【対談】機械翻訳活用時に必要な視点⑤機械翻訳との付き合い方

「機械翻訳との付き合い方」人手の翻訳でできることと機械にできることの違いをよく理解し、分野や用途に応じて柔軟に機械を活用することが望ましいが、その判断のポイントについて、エヌ・アイ・ティー株式会社の代表取締役社長、新田順也さんと意見交換をさせていただいた。