登壇イベント情報

8/24 【登壇イベント】テクニカルコミュニケーションシンポジウム2017

種別 登壇イベント パネルディスカッション
開催日時 2017年8月24日(木)
予定時間

14:00 - 16:30

主催者 一般財団法人テクニカルコミュニケ―タ―協会
会場

東京学芸大学 小金井キャンパス
東京都小金井市貫井北町4-1-1

<アクセス>

JR中央線快速武蔵小金井駅
  - 徒歩20分
  - 京王バス「小平団地」行き「学芸大学正門」下車
JR中央線快速国分寺駅
徒歩10分

概要

「機械翻訳のもたらす未来」
~TC分野でのMT活用とテクニカルケータ―の役割

 

ディスカッションの趣旨

ニューラルネットを活用した機械翻訳(NMT)により、特に日本語から英語への機械翻訳の精度は大幅に向上したといわれる。本パネルでは、機械翻訳の現状と課題、そして将来像について専門家の意見を伺いつつ、TC業界にある活用ニーズにどうしたら応えられるか、またテクニカルコミュニケ―タ―に求められる役割は今後どう変わるのかについて議論する

概要ディスカッションのポイント

<導入プレゼンテーション>

機械翻訳がもたらす可能性 各社の取り組み

オープンディスカッション

・MTの現状 - 精度の向上
・テクニカルコミュニケーション業界のニーズとギャップ
・MT関連技術の今後の可能性
・MTは高生産性社会をもたらすか

 

登壇者

【コーディネーター】
森口 功造 (株式会社川村インターナショナル)

【パネリスト】
隅田栄一郎(国立研究開発法人情報通信研究機構)
田丸健三郎(日本マイクロソフト株式会社)
三笠綱郎 (株式会社十印)

その他

TC協会のホームページから申し込み用紙をダウンロードして参加登録をしてください。

品質向上のために川村インターナショナルが実践している5つのこと

翻訳サービスの ISO17100と情報セキュリティに関するISO27001(ISMS認証)の認証取得企業の川村インターナショナルが取り組んでいる品質管理について、ご興味がある方は是非ご覧ください。
(全12ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

  • 川村インターナショナルが実践している5つのこと
  • 具体的な活動
  • ご理解いただきたいこと

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

【医療翻訳(医薬/医学)】翻訳時に求められる専門性

一般的な翻訳案件よりさらに高い品質や要件が求められることの多い医療翻訳。お客様のご要望に応え、品質の高い翻訳を提供するために、翻訳時に注意すべきポイントをご紹介します。

「なぜか読みにくい」訳文の正体②命なきモノ

翻訳された日本語が、どこか読みにくいと感じたことはないでしょうか。この新連載では、英文和訳における「なぜか読みにくい」訳文の正体を突き止めるとともに、不自然さを解消する手段を考えていきます。 今回は、「無生物主語」に注目して、和訳をブラッシュアップする方法を模索します。

インバウンド翻訳を攻略する:チラシ・ポスター(Illustrator)編

ここ数年、観光地で配布・展示するポスターやパンフレット、広告などのインバウンド系多言語翻訳のお問い合わせをいだだくことが非常に増えてきました。 今回の記事では、パンフレットやチラシの翻訳で使用する頻度の多いIllustratorを使ったファイルの翻訳の流れをご紹介します。

翻訳のいろは:翻訳に関わる人々~発注から納品まで~

翻訳会社に翻訳を依頼したあと、翻訳案件がどのような工程を経てお客様の元に届けられるか、ご存知でしょうか?今回の記事では、翻訳案件に関わる人々と、その役割を、翻訳の国際規格である『ISO17100』と絡めながらご紹介します。

【特別連載】科学技術と言葉 vol. 3 ~創薬と記録~

創薬に関わる研究者は、一日の大半を研究室で過ごし、日々研究に没頭します。 しかし、その研究活動における最も重要な要素の一つが、実は「言葉」であることはあまり知られていません。 研究活動の始まりから、実施、検証、そして完結までの一連の作業と、言葉との関わりについて連載します。