Translation Designerと機械翻訳エンジン「DeepL」が連携可能になりました。

2020年08月03日 

Translation Designer上で連携できる機械翻訳エンジンが4種類に増えました
 

話題の機械翻訳エンジン「DeepL」が機械翻訳プラットフォーム「Translation Designer」と連携可能になりました。
※DeepLの別途ご契約が必要です。

Translation Designer
Translation Designer」は、Google/Microsoft/みんなの自動翻訳@KIをセキュアに活用するプラットフォーム。
ドラッグ&ドロップで機械翻訳を活用。ポストエディットの依頼も可能。月間文字数無制限。

Translation Designerにて連携できる機械翻訳エンジンは下記4種類となります。

・Google Translate
・Microsoft Translator
・みんなの自動翻訳@KI(商用版)
・DeepL


<DeepLのご利用方法>
DeepLをご利用いただくには、別途お客様側でDeepLをご契約いただく必要があります。
ご利用になるユーザー数分のAdvancedプランをご契約ください。ユーザーごとにAPIキーが発行されますので、そのAPIキーをTranslation Designer上で設定することで、DeepLをご利用いただけます。
https://www.deepl.com/pro?cta=menu-plans#pricing(外部リンク)

ご不明な点がございましたら、営業担当までお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。


【資料請求】機械翻訳活用プラットフォーム Translation Designer

機械翻訳とポストエディットを有効に活用し、月間文字数無制限のセルフプラットフォーム Translation Designer の概要資料です。
(全14ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

- Translation Designerとは
- Translation Designerの機能・選択オプション
- ご利用例
- セキュリティに関して
- 価格表
など

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。