国産ニューラル自動翻訳エンジン
「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」
ついに登場

ただいま2週間無料お試し期間中!

「翻訳バンク」を活用した
国産ニューラル自動翻訳エンジン
「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」
がついに登場!

国立研究開発法人情報通信研究機構 (NICT) の自動翻訳エンジン「みんなの自動翻訳@TexTra®」は、特許・マニュアルなどの長文翻訳を得意とし、特許庁などと研究の連携も行ってきた高精度の自動翻訳エンジンです。一方で、用途が非商用利用に限定されているため民間の企業内での活用が限定的になっていました。

また 2020 年までに多言語音声翻訳技術の社会実装を目指すグローバルコミューニケーション計画のもとで研究開発に取り組む NICT は、総務省と連携して「翻訳バンク」を立ち上げました。

「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」は、「翻訳バンク」の枠組みを活用して商用化された
ビジネスの現場で活用できる、国産ニューラル自動翻訳エンジンです。


翻訳バンクとは

「翻訳バンク」は、2017年9月に総務省およびNICTが開始した、オール・ジャパン体制で翻訳データを集積する枠組みです。自動翻訳技術の性能向上には、翻訳アルゴリズムの改良のみならず、翻訳データの質と量の確保が重要です。翻訳バンクでは翻訳データを集積して自動翻訳技術に活用することで、自動翻訳技術で対応できる分野を広げるとともに、さらなる高精度化を実現します。

詳細は、NICTによるプレスリリースをご覧ください。
『翻訳バンク』の運用開始
-自動翻訳システムのさらなる高精度化に向けて、様々な分野の翻訳データを集積-
https://www.nict.go.jp/press/2017/09/08-1.html

「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」は、「翻訳バンク」を活用した自動翻訳エンジンですが、
利用者の許可なくデータが翻訳バンクに提供されることは決してございません。

「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」
3つの「安心」

3つの主な特徴
国産のエンジンだから
「安心」
ボリュームに応じた
明朗会計で「安心」
対訳データを
収集しないから「安心」

国産だから「安心」

みんなの自動翻訳@KI(商用版)は、国立研究開発法人情報通信研究機構 (NICT) が開発したメイド・イン・ジャパンの自動翻訳エンジンです。日本のために開発されたエンジンだからこそ、安心して活用いただくことができます。

海外への輸出を伴う企業にとって大切なのは、自動翻訳エンジンが稼働するサーバーの場所です。「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」は、NICT との契約上、オンプレミス形式、SaaS 形式を問わず、稼働するサーバーは日本国内に限定されています。

ボリュームに応じた
明朗会計で「安心」

ニューラル自動翻訳エンジンの構築には、機械学習(ディープラーニング)のために GPU(Graphical Processing Unit)という、専用のプロセッサを準備する必要があるため、大規模な設備投資が必要となります。

「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」は、国立研究開発法人情報通信研究機構 (NICT) が開発した「自動翻訳モデル」を当社が Amazon Web Services 上のプラットフォームで運用し、サービスとして(SaaS 形式で)提供します。

これにより、自社の設備投資を抑制することができ、利用する月間の翻訳量に応じた月額をお支払いいただくだけの明朗会計となっています。要望に応じて、自社内へのオンプレミス導入も可能です。

月額料金 (SaaS 版)

スモールプラン

翻訳者数
無制限
月間翻訳処理量
0~2,000,000文字
月額
40,000円/月

ラージプラン

翻訳者数
無制限
月間翻訳処理量
0~10,000,000文字
月額
100,000円/月

エンタープライズプラン

翻訳者数
無制限
月間翻訳処理量
10,000,000文字以上
月額
都度お見積

注記
- Wordではなく、文字ベースでの従量課金です。
- 標準で使用するサーバーは Amazon Web Services (AWS) となります。
- IP制限/占有サーバーのご要望は別途お見積りとさせていただきます。
- 自社でご用意いただいたVPSサーバー、あるいは自社サイトへの導入は、別途お見積りにて承ります。
- 最低契約期間は 3 カ月からとなっております。

対訳データを収集しないから「安心」

「検索サイトなどで提供されている機械翻訳エンジンは、気軽に使える半面、情報漏えいがないか心配・・・。」ブラウザベースの無料の自動翻訳エンジンを活用している場合、送信したデータが収集されることがあり、機密情報を取り扱うケースが多いビジネスユーザーには適しません。

「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」は、利用者が「本サービス」に送信した翻訳原文および当該原文から翻訳した訳文について、SSL通信回線を介し当該情報を送受信する上、送信した情報は、自動翻訳結果の提供に必要な期間を超えてシステム内に保存せず、その目的以外にその情報を利用することはありません。

また、利用者の許可無くその情報を公開したり、第三者に共有することもありませんし、機械翻訳エンジンの機能向上のために、当該情報を当社が利用することもありません。

お客様の許可なく「翻訳バンク」に対訳データを提供することもありません。

「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」は
こんな方にお勧めです

Google NMT や Microsoft Translatorが
自社で禁止されている

Google や Microsoft の自動翻訳の利用が禁止されているお客様でも、「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」は、利用可能です。自社内のサイトで用意したサーバー上に、オンプレミス導入をすることもできます。また、近日中に当社の「Translation Designer」との連携ができるようになるため、自動翻訳を修正するエディタ機能が必要なお客様にも、安心してご利用いただくことができます。

日⇔中韓の自動翻訳の精度に
満足していない

「Google や Microsoft の自動翻訳を利用できるが、日本語から中国語、韓国語の翻訳の精度に納得していない。」こういう方には「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」が最適です。グローバルコミュニケーション計画に基づいて日本語からの翻訳に特化した研究開発が行われていますので、ニューラルネットで機械学習させる日<>中・韓の情報量も豊富に存在しています。

特許翻訳に特化した自動翻訳を探している

「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」では、特許に特化した自動翻訳エンジンを用意しているため、特許等有の用語や言い回しにも対応できます。機械学習のために使用した対訳データの量は、英日で 2 億文、中日で 1 億文を超えています。これだけの対訳データから構築した自動翻訳エンジンは「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」だけです。申請に関わる調査や特許明細書の下訳として自動翻訳を活用したい場合など、様々な場面で利用が可能です。

用語集の適用や事前変換処理を実施できる
エンジンが欲しい

「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」では、原文内に事前に指定した表現があればそれを置換する「事前置換」、訳文にある場合の「事後置換」、用語集にエントリがある場合に、それを置換する「用語置換」等の機能を自動翻訳処理と並行して実施することが可能です。
(利用はオプションのため別途利用料がかかります。)

みんなの自動翻訳@KI (商用版)概要資料

翻訳バンクを活用した国産ニューラル自動翻訳エンジン「みんなの自動翻訳(商用版)」の概要資料です。(全17ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

Topic1   みんなで活用 商用版
Topic2   みんなが納得 3つの特長
Topic3   みんなの悩み 解決します
Topic4   価格表&有料オプション
など

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。
あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

こういうケースは?
よくある質問

Q トライアル中に複数言語・複数モデルで試すことはできますか?

可能です。トライアル中は、当社の SaaS 版でどのモデル・どの言語ペアでもお試しいただけます。また、NICT が提供している「みんなの自動翻訳@TexTra®」のウェブサイトからもお試しいただくことが可能です。

Q 月間上限処理量を超えるとどうなりますか?

ご契約いただいているプランに応じて、上限処理量に到達した時点で、その月でのサービスの提供が一旦停止します。契約プランをご変更いただくか、月が変われば再度ご利用いただけるようになります。

Q 言語・モデルを限定すると安くなりますか?

大変申し訳ありませんが、「みんなの自動翻訳@KI (商用版)」は、利用した翻訳処理文字数に応じて月額料金を固定しているため、安くはなりません。プランで定められた上限文字数を超えるまでは、すべてのモデルおよび言語をご利用いただくことが可能です。

Q 持っている用語集の適用は可能ですか?

オプションで利用可能です。ただし、用語集は当社側でのみアップロードができます。事前にご提供いただく用語集の形式については、特に指定はございませんが、仕様によってオプション作業の費用が変わることがあります。まずはお気軽にお問い合わせください。

Q Translation Designer との連携は可能ですか?

2018年5月8日現在、連携は出来ませんが、開発をしております。6 月上旬を目途に提供をする予定です。

Q 翻訳支援ツールとの連携は可能ですか?

現在、SDL Trados StudioおよびMemsourceとの連携が可能です。今後も連携可能なツールを増やしてまいります。

Q 占有サーバー上でサービスを利用できますか?

一般的なVPSサービスであれば、インスタンスを構築した後にアクセス権限を付与いただければ、当社のエンジニアが仮想サーバー上にサービスを展開できます。ただし、インストール費用は別途必要です。

Q 自社サイト内のサーバー上でサービスを利用できますか?

可能です。インストール作業は当社で実施する必要があるため、アクセス権限を付与いただく必要がございます。インストール費用は別途必要です。

Q SaaS 版を一カ月単位で契約することは可能ですか?

大変申し訳ございませんが、最低契約期間は3カ月とさせていただいております。申込みをいただいた後、サービスをご利用いただけるようになります。

Q 個人での利用は可能ですか?

可能です。ただし、2018年6月を目途に、個人版を提供する予定です。個人でのご利用の場合は、個人版の提供をお待ちいただくことをお勧めします。

Q 契約プランを途中で変更することはできますか?

可能です。どのようなプランが最適かについては弊社コンサルタントにご相談ください。

Q 翻訳バンクに訳文が提供されることはありますか?

「みんなの自動翻訳@KI (商用版)」は、「翻訳バンク」を活用してできた自動翻訳エンジンですが、利用者の許可なくデータが翻訳バンクに提供されることは決してございません。

導入の流れ

ヒアリング・デモ

まずは、お問い合わせいただくか、デモをご依頼ください。専門のコンサルタントがお客様の抱えている問題、要求するセキュリティ要件に合わせた最適な導入方法をご提案します。

トライアル

2週間の無償トライアルをお試しください。お客様の要件に応じて複数の言語ペアや分野のエンジンをお試しいただけます。この間に、翻訳支援ツールとの連携もお試しいただくことが可能です。

申込み・導入準備

品質にご納得いただけたら、申込みをお願いいたします。ご契約のプランに応じて、利用規約またはライセンス許諾契約の内容をご確認いただき、必要に応じてサーバーをご用意いただきます。

アフターサポート

導入後によくあるご質問や社内環境の変化に合わせたプラン変更など一括でサポートします。自社だけのカスタマイズエンジンを作成する場合にはお問い合わせください。

まずは2週間のトライアルを
お試しください!

まずは、自動翻訳の精度をご確認ください。使用されるツールや、対象ファイルの形式によっては、Trados や Memsource などの翻訳支援ツールを使用する事で大幅なコスト低減ができる場合もあります。

当社だけが持つ、自動翻訳活用のノウハウを余すところなくご提示します。まずはお問い合わせください!

※トライアル期間中に処理できる自動翻訳文字数は、200,000 文字を上限とさせていただきます。
Copyright © 2018 Kawamuara International Co.,Ltd. All Rights Reserved.

この内容で送信します。よろしいですか?