翻訳・機械翻訳・ポストエディットなど翻訳に関連する情報を発信

2018/12の記事まとめ

catch-img

翻訳のいろは:翻訳の品質とスタイル~カタカナ表記の例から~

翻訳の品質を決定づける要素の中でも「スタイル」は、訳文の読みやすさを左右する重要な要素です。カタカナ表記の例を取り上げながらその重要性を解説します。多言語展開をする企業にとって、詳細なスタイルガイドを設定することが重要です。お客様が抱えるあらゆる問題について、包括的なソリューションを提案いたします。

記事を見る

catch-img

翻訳を効率的に行う秘訣~ドキュメントエンジニアリング編~

翻訳支援ツール(CATツール)による効率化を支える「ドキュメントエンジニアリング」について、「翻訳の効率化」と「コスト削減」の面からご紹介します。ドキュメント翻訳サービスのお客様が抱えるあらゆる問題について、包括的なソリューションを提案いたしますので、不明な点やお悩みなどありましたら、お問い合わせください。

記事を見る

catch-img

翻訳のいろは:UI翻訳はなぜ特殊?

「UI(ユーザーインターフェース)翻訳」について解説します。オンライン・オフラインの翻訳に対するニーズに応えるため、ソフトウェアを多言語化する際の国際化、ローカリゼーション、テスティング対応まで、多岐にわたるサービスを提供しています。

記事を見る

catch-img

徹底解説!自動翻訳と機械翻訳の違いとは

「自動翻訳」と「機械翻訳」。どちらも「機械によって自動的に行われる」翻訳のイメージで、同じ意味を持つように思われます。 しかし、厳密に言うと、「自動翻訳」と「機械翻訳」の意味が異なることをご存知でしょうか。この記事では、業界の中でもまだ定義づけがなされていない「自動翻訳」と「機械翻訳」の違いについて、翻訳の自動化の現状と今後の展望も交え、徹底解説します。

記事を見る

catch-img

原文が同じでもこれだけ違う!人によって異なる「翻訳品種」とは?

翻訳品質の評価基準は、誤訳や訳抜けがない、用語集やスタイルガイドに準拠している、日本語として自然である、などの他に「お客様ごとに異なる用途や分野、好みなどの要求事項」を満たす必要があります。お客様のさまざまなニーズへの柔軟な対応と提案力が川村インターナショナルの強みです。

記事を見る

catch-img

翻訳業界の情報ってどこで得るの?業界のイベント紹介

個人翻訳者や翻訳会社のみならず、企業のローカライズ部門などの翻訳に関わる人間にとって、多大な効率化やコスト削減をもたらす最近の翻訳業界の変化に追随することは非常に重要です。川村インターナショナルは社内セミナーや出展情報をお知らせしております。詳しくはセミナー情報をご覧ください。

記事を見る

catch-img

【2021年最新版】翻訳を効率的に行う秘訣~CATツール編~

翻訳業務の効率化、コスト削減、そして高品質の維持に大きく貢献するCATツール(翻訳支援ツール)について、機械翻訳との互換性を含め、ご紹介します。機械翻訳(MT)の導入支援、販売、翻訳支援(CAT)ツールとの連携についてのご相談もお気軽にお問い合わせください。

記事を見る

この記事がお役に立ったらシェアをお願いします!

ホワイトペーパーはこちら

それ、機械翻訳で もっと簡単に(初級編)​- 資料請求フォーム

仕事上、英語は避けて通れない… グローバル化が進み、何かしらの翻訳作業を誰でも行っている時代です。そんな時だからこそ機械翻訳をおススメする理由についてご説明します。

機械翻訳をマニュアル翻訳に活用​- 資料請求フォーム

「機械翻訳はマニュアルに使えるのだろうか?」そんなお悩みを解決すべく、機械翻訳のメリット・デメリット、品質・費用・納期の具体例、活用のコツ、また機械翻訳導入におけるお客様の疑問にお答えします。

JSAマーク
ISO17100/JSAT 007
認証範囲:
以下の翻訳サービス(英日・日英)
①金融・経済・法務
②医療・医薬
③工学・科学技術
ISO
IS 632884/ISO 27001
※当社では、ISO17100に準拠した翻訳サービスを提供可能です。
準拠サービスをご希望の場合は、ご依頼時にお申し付けください。