翻訳・機械翻訳・ポストエディットなど翻訳に関連する情報を発信

2017/6の記事まとめ





catch-img

Webサイト多言語化だけじゃない!インバウンドの増加で求められる多言語化シーン

企業のグローバル化が進むにつれ、多言語/他言語翻訳のニーズも高まりつつあります。川村インターナショナルは、FIGSをはじめ欧州(全域)の言語は欧州拠点の関係会社が現地拠点として対応しています。今回はWebサイト以外にも多言語化が求められるシーンをご紹介します。音声自動翻訳の現状をみてみましょう。

記事を見る


catch-img

何がすごい?精度は?今流行りのニューラル機械翻訳(NMT)とは?

翻訳精度が飛躍的に向上したという噂のGoogle翻訳。Google翻訳は別名ニューラル機械翻訳(nmt)ともいわれ、これからの機械翻訳を牽引していく存在になることが期待されています。ニューラル翻訳とは何かについてみていきましょう。機械翻訳の導入を比較検討中の企業担当者様向けにセミナーも行っておりますので、ぜひお問い合わせください。

記事を見る

catch-img

簡体字?繁体字?その中国語翻訳、正しいですか? Vol.2

中国語(簡体字/繁体字)を基軸とした翻訳サービスをご依頼の際は、方言や使用する文字などの特徴を理解してご依頼いただく必要があります。ネイティブチェック(ネイティブスピーカーによる文法レビュー)、バイリンガルチェック(原文と訳文を見比べて誤訳や訳抜けがないかを確認)など豊富なオプションもございます。

記事を見る



この記事がお役に立ったらシェアをお願いします!

ホワイトペーパーはこちら

それ、機械翻訳で もっと簡単に(初級編)​- 資料請求フォーム

仕事上、英語は避けて通れない… グローバル化が進み、何かしらの翻訳作業を誰でも行っている時代です。そんな時だからこそ機械翻訳をおススメする理由についてご説明します。

機械翻訳をマニュアル翻訳に活用​- 資料請求フォーム

「機械翻訳はマニュアルに使えるのだろうか?」そんなお悩みを解決すべく、機械翻訳のメリット・デメリット、品質・費用・納期の具体例、活用のコツ、また機械翻訳導入におけるお客様の疑問にお答えします。

JSAマーク
ISO17100/JSAT 007
認証範囲:
以下の翻訳サービス(英日・日英)
①金融・経済・法務
②医療・医薬
③工学・科学技術
ISO
IS 632884/ISO 27001
※当社では、ISO17100に準拠した翻訳サービスを提供可能です。
準拠サービスをご希望の場合は、ご依頼時にお申し付けください。
ページトップに戻る