購読者限定!

情報発信サイト開設のお知らせ

 

情報発信サイト「TransReed」公開!!

人間は考える葦である "Man is a thinking reed"

ブレーズ・パスカル(Blaise Pascal)が、自身の哲学書「パンセ(Pensées)」に残した一文です。
「人間はひとくきの葦にすぎず、自然の中で最も弱いものである。だが、それは考える葦である」ということを意味し、我々人間のみが持つ「考える力」の尊厳と偉大さを表しています。

このパスカルの教えにのっとり、また「常に考え、行動する集団」でありたいと願い、川村インターナショナルは日々思考錯誤を繰り返しています。
そしてこの度、長年の思考錯誤で培われたノウハウをお客様にお伝えするための手段として、情報発信サイト「TransReed」を立ち上げました。

翻訳・ローカリゼーションに関する翻訳会社ならではのノウハウを中心に、最新のソリューションに関する検証レポートや中国・東南アジアビジネスの動向など、ビジネスに役立つ様々な情報を公開します。

今後は、広報誌VOICE同様、メールでの配信も予定してますので、ぜひご購読ください。

「ひとくきの葦」同様、微力ではございますが、皆様のビジネスに少しでもお役に立てれば幸いにございます。

 

編集長紹介

前田 耕二
川村インターナショナル執行役員
KI Hong Kong, Limited 取締役

川村インターナショナル香港現地法人の代表として2012年より香港にて勤務。
中国、東南アジアを中心に、海外での事業展開を担当。現地でのマーケティング活動をはじめ、各事業拠点との効率連携システムの構築に取り組む。

編集委員

 

埴田  佑子
川村インターナショナル
制作グループ品質管理担当 

2016年に川村インターナショナルに入社して以降、英日翻訳品質管理、英日翻訳コーディネーターを担当。現在は日英翻訳の品質管理担当として、ネイティブとノンネイティブ双方にとって最適な翻訳の定義と運用に取り組む。


はじめての翻訳

翻訳を発注する際に、確認することや用意するものが明確でなければ、希望通りの品質の翻訳を適正な価格・納期で得ることはなかなかできません。
はじめての翻訳でも困らないように、翻訳発注時のヒントをまとめました。

(全14ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

1 翻訳の基本
2 翻訳の流れ
3 翻訳会社の探し方、選び方
4 見積り時に何を伝えればいいの?

など

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

Voice 2018 summer 記事へのアクセス