【導入事例】

Translation Designer導入により

翻訳作業効率が2割向上

~株式会社小野測器様~

 

【導入事例】

Translation Designer導入により翻訳作業効率が2割向上

~株式会社小野測器様~


海外からの問い合わせ増!小野測器様の抱える課題

リアルタイム計測とデジタル制御の技術を得意としている計測機器メーカー「株式会社小野測器」様。

計測制御機器やセンサ技術を組み合わせた付加価値の高い商品・システム開発により、自動車業界をはじめ、機械・電機などさまざまな分野のソリューションを支えています。

そんな小野測器様は、海外からの受注や問い合わせが増えている中、製品カタログや販促資料などの翻訳作業の効率化と時間短縮が大きな課題になっていました。

英語以外の多言語で書かれた文書の内容を把握する必要も出てくるなど翻訳対象物が増える一方、社内で翻訳業務にかけられる時間には限りがあり、業務の効率化と作業負荷の軽減が必至という状況にありました。

導入背景のサマリ

  • 海外からの受注増による、翻訳作業の増大
  • 多言語を含めた翻訳対象物の増加
  • 翻訳業務の効率化と作業負荷の軽減が必要

Translation Designer導入にあたっての検討ポイント

これまでも他社製の自動翻訳システムを利用していましたが、十分な翻訳品質が得られず、社内の状況は改善されずにいました。より品質の高い機械翻訳ツールを探していたところ、川村インターナショナルのTranslation Designerに興味を持ち、セミナーに参加しました。

自動翻訳システムを比較検討するにあたり、小野測器様が最も重視したポイントは翻訳品質と費用対効果でした。翻訳結果の品質が優れ、またGoogle翻訳の使用でも用語や対訳の登録ができること、コスト的でハードルが高くなかったことが決め手となりTranslation Designerの導入を決めました。

導入時の検討ポイント

  • 既存の機械翻訳ツールの性能に不満
  • Google翻訳使用時に用語集を適用できるソリューションを検討
  • 比較的低コストで導入できるサービスを検討

導入後に翻訳作業の処理時間を2割削減!

Translation Designerは現在、海外営業部門にご導入いただいていますが、主に翻訳業務に従事している方のほか、外国語の使用頻度の高い海外営業担当者の方にもご利用いただいています。特に、翻訳に不慣れな営業担当者にはよりどころになっているといいます。

「Translation Designerを利用して機械翻訳をかけ、内容を確認しながらポストエディットを行うことで、効率よく作業ができています。多言語の書類もおおまかに把握することができ、時間の短縮につながっています」と翻訳ご担当者様は感想を述べられています。

小野測器様では、Translation Designerを使用することで時間の削減や生産性を向上させることができ、平均して2割程度の翻訳の作業処理時間の削減を実現しました。特に、Translation Designerの用語登録機能とフレーズ登録機能、またファイルをそのままドラッグ&ドロップしてファイルごと直接翻訳する機能は便利で頼りにしているといいます。

 

導入担当者のコメント

「Translation Designerは操作性にも優れ、比較的ストレスなく使用ができており、翻訳品質についても現状では満足すべきレベルだと思います」

【資料請求】自動翻訳活用プラットフォーム Translation Designer

機械翻訳とポストエディットを有効に活用するセルフプラットフォーム Translation Designer の概要資料です。
(全14ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

- Translation Designerとは
- Translation Designerの機能・選択オプション
- ご利用例
- セキュリティに関して
- 価格表
など


競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

Voice 2018 summer 記事へのアクセス