言葉の特徴
韓国語翻訳

韓国語の概要とニーズのある業界は?

韓流ドラマや韓国コスメの影響で日本でも身近な存在になった韓国語。文字は難しく見えますが、発音は日本語に近いため日本人にとっては習得しやすい言語の1つだと言われています。ここでは、韓国語とはどのような言語かを日本語との比較を通じて紹介します。また、韓国語のニーズがある業界やその用途についてみていきます。

日本語との類似点が多い韓国語

韓国語は、主に大韓民国と北朝鮮人民共和国の2カ国で使われている言語です。中国の一部でも使われており、アメリカ本国やハワイ、日本に住む人を合わせると韓国語話者は世界で約7500万人いるといわれています。この数字は、イタリア語やフランス語話者と同程度の数なので世界でも有数の言語といえます。

韓国語は「ハングル」と表現されることもありますが、ハングルは15世紀に作られた韓国語の固有の文字のことです。韓国語は日本と同じく、中国語から漢字を取り入れている言語です。古くから日本と朝鮮半島は人の交流が盛んで、奈良時代には朝鮮半島から仏教文化が伝わっています。戦時中は日本が統治していた影響から、日本から韓国語に取り入れられた言葉もあり、意味が共通する語も多いため、日本人にとっては習得しやすい言語の1つと言われています。

語順も似ており、西洋語のように性や数によって名詞や動詞の形が変形することもありません。複雑な敬語表現があるところも日本語と共通しています。発音は中国語のような音の高低がなく、比較的平板です。韓国語を知ると日本語との類似性の高さに気がつく人も多いことでしょう。

特許関連や観光業界で増えている韓国語のニーズ

韓国語の通訳や翻訳のニーズは高まっています。政治的には難しい状況が続いていますが、昔から日韓は人の交流があるので今後もその傾向は変わらないでしょう。

韓国語のニーズは、ゲーム業界や電化製品、化粧品関業界の認証や特許関連の翻訳で多くなっています。訪日外国人を国別に見ると韓国人が全体の約3割を占めていて、最も多くなっていることから、日本では近年、外国人対応のタクシードライバーやホテルなどの観光業界で韓国語の需要が高まっています。韓国では日本語ができる韓国人が多いので、韓国側では韓国語ができる日本人の需要はそれほどないかもしれません。

言語的には韓国語と日本語は似ていますが、この2つの言語の背景にある文化や歴史にはかなりの違いがあります。意図を正しく伝える必要のあるビジネスシーンや、きめ細やかな対応が求められる観光などのシーンでは、日本語と韓国語の違いや文化背景を正しく理解し運用することが求められます。利用目的に応じて適切な対応をしてくれる翻訳サービスを選ぶことが大切です。

はじめての翻訳

はじめての翻訳でも困らないように、翻訳発注時のヒントをまとめました。ぜひご活用ください。
(全15ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

  • 翻訳の基本と流れ
  • 翻訳会社の探し方、選び方
  • 見積もり時に何を伝えればいいの?

競合他社様および個人翻訳者の方々からの資料請求はお断りすることがございます。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

この内容で送信します。よろしいですか?